香港に台風「ハト」が接近中です。この台風の影響で、ここ数日は気温がかなり上昇して、連日、酷暑警報 (Very Hot Weather Warning) が発令されていました。そんな本日の気温も36度、外の景色までぼやけていました。大気汚染の埃かと思っていたら、どうやらそれも台風のせいだったようです。考えてみれば、香港の台風にレベルがあることは聞いていましたが、詳細は知りませんでしたので、この機会に調べてみようと思いました。


こちらが香港の気象庁「天文台」の本日の注意報です。天文台と言うと、天体観測をしている施設か何かかと思いますが、気象観測をしているところです。ハイライトのものが「本日発令されたが、すでにキャンセル」になっているものです。四角で囲まれている「⊥3」は、「現在、発令中」のもので、レベル3の意味です。


f0371533_21153413.png

(本日の写真・データは香港天文台のウェブからお借りしています。)


香港天文台の情報では、台風は現在、香港の東南400㎞のところあり、明日の朝に最接近する恐れがあるそうです。しかも、この様子だと香港に直撃です。ハトのクセに、ポッポどころか、ンゴーッという感じで、強い勢力を保ったまま近付いてきているようです。


f0371533_21150746.png



暑さの他にも、熱帶氣旋警告信號 (Tropical Cyclone Warning) と、雷暴警告 (Thunderstorm Warning) も出ていました。赤字の "Now in force" は「発令中」の意味です。なお、このデータは、本日夕方に抽出した情報です。最新の情報は、お手数ですが、ブログ最後にある香港天文台のウェブサイトからご確認いただけますようお願いいたします。


f0371533_21143722.jpg



台風のレベルは、シグナルと呼ばれています。その種類は以下の通りです。なんで、4,5,6,7 がないのかは分かりません。細かすぎるから飛ばしたのでしょうか?ソレ、香港ならあり得ると思います。

シグナル1:警戒準備
シグナル3:強風警告
シグナル8:暴風・暴風雨警告
シグナル9:さらなる暴風・暴風雨警告


f0371533_21154355.png



現在、シグナル3です。シグナル3になると、フェリーが欠航したり、幼稚園が休園になるそうです。
さらに、シグナル8になると会社や学校、レストランや商店も閉まり、交通機関も一部を除き、運行休止になります。タクシーも動かなくなるそうなので、現在香港をご旅行中の方はお気を付けください。


f0371533_21155380.png



滅多にないシグナル10は、台風がさらに勢力を増し、ハリケーンとなった場合に発令されるそうです。調べてみたところ、最後にシグナル10が発令されたのは、2012年でした。


その他にも、これらのような注意報があります。

f0371533_21160292.png



今までは全然気にしていなかったのに、見方が分かった途端に、天気予報のチェックが欠かせなくなりました。我が家の外はまだ静かですが、天文台は明日未明にもシグナル8を発令するかどうか検討中とのことです。今夜から明日の朝にかけ、みなさま、どうぞお気を付けください。


香港の気象庁「天文台」の様子はこちらからご覧いただけます。



なお、香港の大気汚染が気になる方は、こちらからご確認いただけます。


< 香港天文台 The Hong Kong Observatory >
💻 http://www.hko.gov.hk/wxinfo/currwx/tc_gis_e.htm

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-22 22:46 | 香港 日常生活 | Comments(0)

こちらのブログをご覧いただいている方はすでにご存知だと思いますが、ワタクシまだ香港朝食の良いところが分かりっておりません。変なハムだったり、マカロニがぬるいスープに入ってたり、インスタントラーメンだったり。でも人気の香港朝食、きっと魅力的な何かがあるはずです。まだ諦めてはおりません。その葛藤を遊びに来てくれた友人に話したところ、「それじゃ有名な人気店に行ってみよう」と言うことになりました。その友達が見つけてきてくれたこちらのお店は、有名芸能事務所がオープンしたというカフェです。


華星冰室 Capital Café

f0371533_17424698.jpg



伝統的な冰室風に作られていますが、なぜかシックでおしゃれな印象も受けます。有名なカフェと知った途端、これです。


f0371533_17425806.jpg



ピンポイント狙いで行く香港朝食。これが目的で来ました。インターネットで評判のメニューです。


営養餐 (ハム、スクランブルエッグ、トースト) $40 (¥557)

f0371533_17431550.jpg



途中で気が付きました。このお店に来たことがあることに。そう言えば、筲箕灣 (シャウケイワン) の店舗に行ったことがありました。あの時はお店の中で、有名人のお店とかなんとか聞いた気がしました。今回は行く前から、お店の様々なストーリーを聞いてから行ったので、入った時からすでに良いお店かも、と思ってしまいました。結局は、気持ちの問題かー。ブランドに翻弄されているようで、我ながらミーハーすぎるなと思いました。尚、こちらのカフェは、旺角 (モンコック)、上環 (シェンワン)、九龍灣 (クーロンベイ) にもあります。


ミルクティー 奶茶

f0371533_17432652.jpg


何よりも店員さんが微笑んでくれたのが、かなりポイント高かったです。微笑みって大事だな。

< 華星冰室 Capital Café >
🏢 灣仔克街6號廣生行大廈地下B1號舖/Shop B1, G/F, Kwong Sang Hong Building, 6 Heard Street, Wan Chai
👣 灣仔駅A4出口から徒歩約6分
📞2666-7766
🕐 07:00-23:00
💰 現金のみ

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-21 22:20 | 香港 朝食 (飲茶&ブランチ) | Comments(2)

近所にドーナツ屋さんができたので、久しぶりにドーナツ屋さんに入りました。ドーナツを食べながら、ふと、香港でドーナツ屋さんを見かけた事がないなぁと思いました。


J.CO Donuts & Coffee

f0371533_12325665.jpg



美味しそうなドーナツが並びます。ミスドのオールドファッションのようなシンプルなのを求めていましたが、全体的にかなり甘そうです。自分で取る方式ではないので、注文にはコミュニケーションが必要になりますが、ガラス越しに指差しでお願いすればOKです。


f0371533_12402609.jpg



飲み物メニューはこんな感じです。J.COは、インドネシアから始まった会社です。インドネシアと言えば、コーヒー。現在、インドネシアのコーヒー生産量は、ブラジル・ベトナム・コロンビアに次いで、世界第4位です (Food and Agriculture Organization 統計参照)。お店にはコーヒー豆の生産地の地図もあり、コーヒーもかなりこだわっているように感じました。


f0371533_12421161.jpg



クリームが中にたっぷり入っています。こちらは、チョコレート味と、將軍澳店限定のロイヤルミルクティー味です。とても滑らかでおいしいクリーム、甘さは控えめです。が、クリームの量が本当に多いです。甘党の方には最高だと思います。


f0371533_12424141.jpg



チーズケーキ味 (Cheese Cakelicious) と砂糖がけ (Glazzy) のドーナツも食べました。ドーナツ自体は、ミスドのものより柔らかいです。ふわふわっとしています。ドーナツはどの味も1つ15ドル (209円)です。飲み物は、ホットコーヒー (Hot Jcoccino) とアイスチョコ (Iced Chocolate) で、それぞれ 32ドル (447円) でした。たっぷり注がれていて大満足です。


f0371533_12430807.jpg



ドーナツはあまり香港人の心をつかんでいないのか、どこでも混んでいる香港なのに、こちらのカフェはいつも空いています。コーヒーと一緒に甘いものが食べたいけど、ケーキじゃないという時にちょうど良いです。コーヒーもおいしかったです。


f0371533_23515903.jpg



香港では、まだ湾仔 (ワンチャイ) と將軍澳の2店しかありません。なかなかレアです。

f0371533_12432410.jpg



< J.CO Donuts & Coffee >
🏢 將軍澳唐德街9號將軍澳中心地庫1樓B15號舖/Shop B15, B1/F, Park Central, 9 Tong Tak Street, Tseung Kwan O
👣 將軍澳駅B2出口から徒歩1分
📞 2328-6511
🕐 08:00-21:00
💰 クレジットカード可
💻 https://www.jcodonuts.com/hk/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif


[PR]
# by ni07050 | 2017-08-20 23:58 | 香港 カフェ・デザート | Comments(0)

猛暑の香港。ベランダの植物は、毎日お水をあげているのにもかかわらず、暑さに負けて枯れてしまいました。今日からクーラーの効いた部屋に移動です。クーラーと言えば、この間一時帰国したときに、「クーラーつける?」と甥っ子に聞いたら、「クーラーって何?」と真顔で聞かれてびっくりしました。どうやら今の子たちは「エアコン」というようです。早期英語教育世代よ・・・クーラーだよ!Cooler!*


タピオカティーで有名な貢茶 (ゴンチャ)。タピオカの食感が好きなので、見かけるとつい買ってしまいます。嬉しいポイントは甘さと氷の量を細かくリクエストできることです。タピオカを噛むと、ほんのりとした甘さがあるので、少しでも摂取カロリーを下げようとするワタクシは、砂糖ゼロで頼むことが多いです。ちょっと甘いものが欲しいなぁと思う時は、30%にしています。また、カップに半分くらい氷が入ってくるので、氷の量も少なめでお願いします。そうすると、代わりにお茶の量が増えてグッドです。痩せたいけど、たくさん飲みたいと言う矛盾は一旦置いておいて、グッドです。


貢茶 Goncha

f0371533_00075081.jpg



一番有名なのは、タピオカが入ったミルクティー (珍珠奶茶) だと思いますが、ワタクシのおすすめはウーロンミルクティー(烏龍奶茶) です。ミルクティーのカロリーが気になって、ウーロン茶に変えてみたのがきっかけですが、こんなにおいしいのかァと唸りました。タピオカは入っていないので、追加でお願いします。


ウーロンミルクティー 烏龍奶茶 $19 (¥272)

f0371533_00080584.jpg



タピオカドリンクを売っているお店はたくさんありますが、ゴンチャは茶葉の香りや濃い味が感じられて一番好きです。台湾での誕生以来、アジアを中心に世界で1,400店舗超を展開するしている世界最大級のティーブランドだそうです。すっかりその存在を忘れていましたが、お財布の隅から発見されたスタンプカード、期限が今月末でした。スタンプ (シールです) がたまっている奥さま、どうぞお忘れなく。9つたまると、「買1送1 (1つ買うと1つ無料)」です。ためても、まだ買わせるなんて意外にケチだなァ。


f0371533_12391442.jpg



*注) 英語でクーラーはいわゆるクーラーボックスなどのことで、冷房は、Air-conditioner または、a/c、つまりエアコンです。もうクーラーって言わないのかな?今までずっとクーラーと言ってきたのに、分からなくなりました。でも確かに家電量販店などで「夏のエアコン祭り」とか、「エアコン大特価」とか言ってるので、ひと昔前の呼び方なのかもしれません。ジブン、ひと昔前の人間なのかもしれません。

< 貢茶 >
💻 http://www.gong-cha.com/en/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-19 23:00 | 香港 カフェ・デザート | Comments(2)

香港に来たばかりの頃、「ローカル飲茶レストランでは、食べる前に自分の食器は自分で洗う」と知った時の衝撃は、計り知れないものでした。中高級のレストランでさえ、ウエイターさんから当たり前のようにお皿洗い用のポットと容器が渡されます。今までの常識に囚われていては、香港では生活できないなと悟らせてくれたのは、ローカル飲茶レストランです。

そもそもまず、なぜお皿をきちんと洗ってから出さない?なんて野暮なことを聞いても、こちらでは誰も相手にしちゃくれません。香港人は喧嘩っ早いので (←偏見) 一人くらい文句を言う人がいてもおかしくないのに、みな黙々と洗っています。もはや神聖な儀式のようです。


最初は、熱湯が超熱いんですけど (怒)、もー!お湯こぼしちゃったんですけど (怒)、ご飯を食べる所でお皿洗うなんてありえないわー、カルチャーショックだわー、と文句ブー垂れておりました。


それと同時に、なぜ洗い終わったお皿を拭くタオルとかティッシュがない?濡れたお皿で食べるの?!洗い終わったお湯はどこに捨てる?などと疑問がとめどなく湧き出ましたが、最近では、飲茶と言っても頼むものはだいたい同じだから決めるのすぐだし、待ってる間は暇だし、と席に着いた途端、冷静にお皿を洗い出すまでに成長いたしました。洗い方もすっかり板につき、もうプロ級の腕前になりました。


熱湯にも怯まず、このようにして洗います。左の白いポットはお茶、右の銀色のポットは食器洗い用の熱湯が入っています。食器洗い用と言っても侮るなかれ。白いポットのお茶が減ったり、濃くなったら、なんと銀色のポットからお湯を足すのでございます。


f0371533_15521026.jpg



洗い終わったお湯はジャー。

f0371533_15522523.jpg



尚、熱湯で洗うことによって綺麗になるかどうかに関しては、正直、気休め程度だと思います。


さて、前置きが長くなりましたが、飲茶を開拓してみようと新しいお店へ行ってみました。とは言え、飲茶のメニューはだいたいどこも同じです。一応、こちらがメニューです。


f0371533_15515682.jpg



頼んだものはこちら。


お粥 滋味孖寶 $23.8 (¥333)

f0371533_15523801.jpg



チャーシュー包

f0371533_15524785.jpg



煌府蝦餃皇 $12.8 (¥178) と シュウマイ 黒露松燒賣皇 $12.8 (¥178)


f0371533_15531656.jpg



エビ餃子 鮮蝦菜苗餃 $16.8 (¥235)

f0371533_15532655.jpg



こちらは以前ご紹介した「393円で北京ダック」と同じレストランです。開店から2か月が経ちますが、まだオープニングプロモーション価格は続いているようです (將軍澳店・ディナーのみ)。いつまでかやっているのか聞きましたが、分からないとのことです。そうだろうと思いました。だいたい何も決まっちゃいない、もしくはスタッフが情報を把握していない (←偏見) 香港スタイル。急に終わりになる可能性は大ですので、ご興味がおありの方はぜひお早めにどうぞ。煌府は、旺角 (モンコック)と、紅磡 (ホンハム)、銅鑼灣 (コーズウェイベイ) など全部で21店舗あります。


f0371533_15501016.jpg



その時の記事はこちらからご覧いただけます。


< 煌府 Grand Palace >
🏢 將軍澳唐德街1號將軍澳廣場1樓104號舖 / 2/F, Tseung Kwan O Plaza, Tseung Kwan O
💰 クレジットカード可
💻 http://www.palace-rest.com.hk/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-18 17:15 | 香港 グルメ | Comments(0)

私事で恐縮ですが、本日でこのブログを始めてから1年が経ちました。初めてのブログですが、思ったことを文章にする難しさや、伝えたいことをいかに伝えるか、頭を悩ませた1年でした。やって良かったなと思うのは、書くために、いろいろな角度から物事を観察・考察できたことです。あとで読み返して、書いた時とは違う思いを持ったり、あそこはあーだったとアテンド計画の参考にすることもできました。湿気との戦いや、精神的なもの、文化になじめず香港でイライラした経験なども、良い思い出です (いや、まだ消化できていない部分もあるなァ)。途中までは英語併記でしたが、力尽きて止めてしまったことを除いては、だいたい週5日更新のペースで続けられています。


さて最近、どうやってイベント情報をゲットしているか聞かれることがありました。もしかすると同じように思われていらっしゃる方がいるかもしれないと思いまして、本日はそれをご紹介したいと思います。1年目のクセに・・偉そうにすみません。

基本的には、以下のように見つけています。

・観光局のウェブサイト:日本語のページあり。
・新聞:街中で無料配布あり。
・観光案内所:冊子は種類豊富。ハイキング系から文科系まで充実しているので楽しいです。
・日本語のフリーマガジン:有料イベント掲載もあり。
・ポスター:駅・ショッピングモール等。
・ブログ:旬の情報が得られます。


有り余る時間を使って、駅・街中のポスターをじっくり読み込んでいる怪しい人がいたら、それはワタクシかもしれません。


先日、伝統的な人形劇についてのイベントを見に行きました。そこでも、イベントの情報がたくさんありました。


会場は、石硤尾にある賽馬会創意芸術中心 (Jockey Club Creative Arts Centre) でした。

f0371533_13132089.jpg



入り口には、現在と今後のイベント情報が紹介されています。こういうのを参考にしています。

f0371533_13135091.jpg



中に入ってみると、PMQ (元創方) のような造りです。


f0371533_13142103.jpg



アートセンターなので、ベンチまでおしゃれです。作品かと思いきや、オジサマが普通に座って新聞を読んでいらっしゃいました。


f0371533_13155789.jpg



コーヒーが評判のカフェや、

Café Golden

f0371533_13162666.jpg



お向かいには中国茶の茶室もありました。

文博軒 Heritage Tea House

f0371533_13165295.jpg



その建物の一角で写真展が開催されていたので、寄ってみました。「憧憬世界」という攝影教育プログラムの一環で生徒さんの作品が展示されています。


Folding Unfolding 流動撮影展

f0371533_13170388.jpg



比較的小さい規模の展示会です。作品も生徒さんのものなので、(まだ) 有名作品ではありません。でも、スポンサーは大手のパナソニックや K11 が名を連ねています。パンフレットもしっかりした作りで非常に凝っています。8月20日まで開催されています。


f0371533_13171640.jpg



あと、ショッピングモールを歩いている時にイベントを見つける時もあります。こちらは、現在、ハーバーシティ (Harbour City) で開かれている大巻伸嗣さんの個展です。ギャラリー以外にも、スターフェリー乗り場側の入り口付近でも大きな作品を展開しているので、ご存知の方も多いかもしれません。


「Echoes Infinity」"Gallery by the Harbour"

f0371533_13172924.jpg



外では、6段からなるピラミッドから毎分10,000個のシャボン玉が出てくる"バブルアップ (Bubble Up)" も開催中です。こちらも、同じく大巻伸嗣さんの作品です。シャボン玉が雪のように降ってくるので、小さなお子様には楽しいイベントだと思います。こちらは、金・土・日の 14:30 と 18:30 のみですが、その他の関連イベントは期間中を通してやっているようです。詳しくは、ブログの最後にウェブサイトを載せていますので、そちらをご参照ください。


f0371533_13174027.jpg



大きすぎて写真に収まりきらなかったので一部だけ。全部で10枚のパネル (2,400 x 7,250 mm) からできています。以前、シンガポールのエルメスに展示されていた作品です。


“Echoes Infinity Moment and Eternity”

f0371533_13175025.jpg



なお、ここから歩いて徒歩1分のところにたくさんの冊子やクーポンをゲットできる観光案内所があります。


このような感じでイベント情報を見つけて (遭遇して) います。少しでもご参考になれば、幸甚です。
香港の知り合いがいない故の狭い世界観、思い込み&勘違いに溢れたこちらのブログですが、よろしければこれからもどうぞお付き合いくださいませ。

< Folding Unfolding 流動撮影展 >
🏢 賽馬会創意芸術中心(JCCAC)Jockey Club Creative Arts Centre
九龍石硤尾白田街30号/30 Pak Tin St, Shek Kip Mei Kowloon
👣 石硤尾駅 C出口から徒歩5分くらい。
📞 2353-1311
💰 無料
💻 http://toe.org.hk/

< 「Echoes Infinity」“Gallery by the Harbour” >
🏢 Shop 207, Level 2, Ocean Centre, Harbour City
🕐 11:00~22:00
💰 無料
💻 http://www.shinjiohmaki.net/information/exhibition/echoes_infinitygallery_by_the_harbour.html

< Bubble Up 装置芸術表演>
🏢 Ocean Terminal, Forecourt, Harbour City
💰 無料
💻 http://www.harbourcity.com.hk/en/happenings/events-promotions/icalrepeat.detail/2017/08/17/6127/-/-

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-17 20:14 | 香港 博物館・イベント展覧会 | Comments(2)

熱々に加熱された鉄皿で、香港中のいたるところをジュージューさせているペッパーランチに行ってみました。日本では行ったことがないので初挑戦です。フードコートにある店舗だからか、正確には「ペッパーランチ・エクスプレス」と言うお店でした。フードコートなので気軽に頼めるのが良いです。お肉が好物のワタクシにはぴったりのお店でした。


ペッパーランチ エクスプレス Pepper Lunch Express

f0371533_14281838.jpg



No Beef No Life. 牛肉なしじゃ生きられない皆様のためのペッパーランチでございます。

f0371533_12312743.jpg



フードコートは精神衛生的に大変良いです。強制相席をすることも、隣の人に肘鉄を食らうこともありません。自分のスペースを守ることが、なかなか難しい香港。これなら陣地を責められることもなく、ストレスフリーです。


日式烧烤汁牛肉拼雞扒 $63 (¥893)

f0371533_14282893.jpg



恐らく日本にはないメニューではないかと思われるこちらは、鮭と鶏肉が一緒に鉄板に乗っています。なぜ鮭?これは、ちょっとお肉が悲しい感じです。当たりはずれがあるのかもしれません。


三文魚扒加雞扒 $50 (¥709)

f0371533_14283750.jpg



お肉がジュージューと音を立てながら目の前で焼き上がるのを見るのは、良いものです。時間が経っても熱が保たれるので、冷房の効きまくりの香港のショッピングモールでも、最後まで熱々のステーキを楽しむことができます。場所によるのかもしれませんが、將軍澳のお店はライス大盛り無料でした。日本の企業らしいなぁと思うのは、炊飯器が自動だったところです。コーヒーメーカーのように、カップを置く場所にお茶碗を置きます。ボタンを押すと決まった量のごはんがどさっと落ちてきます。普通盛りと大盛りとのボタンがありました。一瞬正しいと思われる下の写真ですが、お椀のご飯が大盛り分です。鉄板にはすでにご飯が乗っています。


f0371533_14284759.jpg



たまにプロモーション価格でさらにお安く提供されている場合もあります。これは、Hysan Place (ハイサンプレイス) でいただきましたが、メガサイズのものが69ドルから59ドルになっていました。若者たちで混んでいますが、清潔なフードコートです。


黑椒牛肉飯メガ $59 (¥836)

f0371533_18501605.jpg



フードコートは注文を急かされることも、食べ終わってないのにお皿を下げられることもありません。メニューをじっくり眺めて、食べたいものを吟味してから、カウンターへ向かうことが許されます。自分のペースを守ることがなかなか難しい香港。これなら全てこちらのペースで進められるのでストレスフリーです。スタンプカードももらいました。


f0371533_18510105.jpg



ペッパーランチは、24店舗も展開しています。安くて早い、美味しくて大満足でした。気軽に焼き肉やステーキが食べられるのも良いです。また使いたいと思います。ちなみに伺った店舗での支払いは、全て現金・オクトパスカードのみでした。

< ペッパーランチ エクスプレス Pepper Lunch Express >
💻 http://pepperlunch.com.hk/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-16 19:34 | 香港以外 グルメ | Comments(0)

リトルタイに行きました。実際にそう呼ばれているかは分かりませんが、九龍城にタイのお店がずらーっと軒を連ねる一帯があります。リトル東京や中華街のように、レストランはもちろん、スーパーマーケットや、マッサージオイルなどのスパグッズの専門店など、タイ関連製品を扱うお店ばかりが並び、かなりタイ色の強い、いやもうほぼタイみたいな感じです。正直、そんなにきれいな場所ではありませんが、その異国情緒に、歩いていてワクワクする雰囲気の街です。


f0371533_18475014.jpg



タイ料理が大好きなので、このエリアを見つけた時は心が躍りました。初めて行った時にたくさんあるレストランの中から、なんとなくピンときて入ったこちらのレストラン。とても美味しかったので、それからは毎回ここと決めています。タイレストランに行くと、たまに「求めていたのはコレじゃない・・」と感じることがありますが、こちらのメニューは「これこれ~!タイで食べた味!」となります。美味しさに間違いがないので、家から近いわけではありませんが、バスでせっせと通っています。周辺にある分かりやすいランドマークと言えば、MIKIKI Mall というショッピングモールがありますが、そこからも徒歩10分くらいかかります。ちょっと行きづらい場所にあるので、街中からはタクシーがおすすめです。


隆姐泰國美食館 Lung Jie Thai Restaurant

f0371533_18463538.jpg



店先でお魚を炭火焼きしています。いつも頼みたいと思うのですが、かなり大きいのできっと食べきれないだろうなぁと未だ挑戦できておりません。どうやら頼んでから出てくるまでに20分くらいかかるようです。様子を見た感じだと、常連さんたちは、来る前に電話予約でお願いしているみたいです。


f0371533_18470532.jpg



鶏肉の炭火焼を食べている方がいて、おいしそうだったので、それをお願いすることに。しかし、それも25分かかるとのこと。いいです!待ちます。まずは、飲み物でのどの渇きを潤します。タイ料理は辛いので、タイミルクティーはマストです。


泰式奶茶と龙眼冰

f0371533_11564251.jpg



週末の夕方は、席待ちのお客さんでお店の前の道がふさがってしまうほど人気のお店です。行ったらまず、番号札 (と言う名の番号を殴り書きした紙の切れ端) を受け取ります。お料理が意外に早く出てくるので、時によってはそれほど待たずにすみます。席に座って待っている間、店内を見渡すと、タイレストランでよく見かける国王のお写真や、ガネーシャのお守りに並び、"One of the BEST restaurant recommended by Chua Lam" と書いてあるプレートがありました。どうやら有名なお料理評論家から、香港のベストレストランの1軒に選ばれているようです。


f0371533_18481080.jpg



定番のトムヤムクンを頼みました。赤いものと透明なものがありますが、こちらのクリアな方が好きです。トムヤムクンは、フカヒレスープ (中国)、ボルシチ (ロシア)、ブイヤベース (フランス) などと並び、世界3大スープの1つと言われているスープです。3大スープなのに、3つ以上ある謎、もうお味噌汁も入れてもらっていいですか?複雑なスパイスの組み合わせと、辛味と酸味が見事にマッチしていて、クセになります。


トムヤムクン 酸辣海鮮清湯 $80 (¥1,144)

f0371533_18465208.jpg



タイレストランでは、必ず頼むこちらの春雨のスパイシーサラダも。ものすごい辛いので、刻まれている小さなチリを避けつつ食べます。


ヤムウンセン 肉碎粉絲沙律 $55 (¥786)

f0371533_18471504.jpg



なお、お店は狭くて、ベビーカーを置く場所がありません。子供用の椅子も見たことがありません。全体的にお子様には辛すぎるのかなー?もちろん辛くないメニューもあります。こちらは、豚肉ときしめんの炒めもの。


f0371533_11532090.jpg



ニンニクが効いた空心菜の炒めもの。シンプルだけど、これがおいしいんです。家でもたまに作ります。


f0371533_11545238.jpg



待ちに待った鶏肉の炭火焼が。スイートチリが添えられていますが、使わなくても良いくらい味がしっかりついています。お肉は柔らかくジューシーで、炭の香りが香ばしくて最高です。パクチーや東南アジアのスパイスが苦手な方もいますが、このスパイスの配合は、結構万人受けする味付けではないかなと思いました。


f0371533_11552790.jpg



最後にサービスでデザートが出てきます。でも出てこない時もあります。そんな気まぐれな感じです。ピリッと辛いスパイシーな味付けの連続後に、この苦いデザート、絶妙なチョイスです。


f0371533_11572748.jpg



営業時間の情報が見つけられませんでした。この地域には、他にも気になるタイ料理のお店がたくさんあるのですが、いつもここに来てしまいます。まだまだ食べてみたいメニューがあって、あと何回通えばよいのかと言う感じです。今度はグリーンカレーが食べたいな。あれもこれも食べたくて、いつもつい頼みすぎてしまうことだけが悩みです。大満足のレストランです。


子どもがいるからタイ料理なんて食べられない~とあきめている奥さま!こちらはいかがでしょうか。フードコート内にあるタイ料理がお手軽に食べられるお店です。フードコートは家族みんなの食べたいものが合わなくても、一緒に食べられるので大変都合が良いです。



< 隆姐泰國美食館 Lung Jie Thai Restaurant >
🏢 九龍城南角道18號地下 /G/F 18 Nam Kok Rd., Kowloon City
📞 2382-1348
💰 現金のみ

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-15 18:52 | 香港以外 グルメ | Comments(5)

週末はいくつかの興味深いイベントが開催されていたので、ちらっと様子を見に行くつもりで、お出掛けしました。その内のひとつ、香港復古遊戲展覽 (RETRO.HK Gaming Expo) は、香港の昔のおもちゃが見られるのかなぁと思い伺いましたが、良い意味で期待を裏切られたイベントでした。展覧会の名前から、てっきり日本でいう独楽やかるたがあるのだろうと思っておりましたが、甘く見ておりました。会場は、紅磡 (ホンハム) にある香港理工大學 (The Hong Kong Polytechnic University) です。そのキャンパス内にある香港理工大學賽馬會創新樓 (Jockey Club Innovation Tower) に、その驚くべき光景がありました。


f0371533_14401353.jpg



こちらのビルは2013年に完成したビルだそうです。すごい奇抜なスタイルだなと思ったので帰ってから調べてみると、世界的に有名な建築家であるザハ・ハディッドがデザインされたものでした。


話が逸れましたが、香港復古遊戲展覽は、なんとファミリーコンピュータの展覧会でした。しかも、なんと触って実際に遊べるのです!こちらは巨大なファミコンのコントローラー。実際にこれを使ってゲームができます。こんなの全然期待していなかったので大興奮です。


f0371533_14404763.jpg



日本語だらけの会場でした。やはり日本のゲームは強し!日本語なのにプレイしている現地の人たちはすごいなぁと思いました。日本のゲームや漫画を理解したくて日本語を学び始めたという話をよく聞きますが、そういう感じなんでしょうか。


f0371533_14410414.jpg



「1942」というゲームが1番古そうでした。イコール、勝てそうでしたので、やってみることに。1984年にカプコンから発売されたシューティングゲームです。簡単と思いきや、意外に難しくて3回の命をすぐに使い果たしてしまいました。それにしても、このコントローラー、手にしっくりきます。小さい頃、夢中になって遊んだあの感覚が戻ってきた感じがしました。


f0371533_14411556.jpg



会場には、同じような年代の人がわんさかいました。任天堂よりファミコンが発売されたのは、1983年だそうです。クリスマスの朝、起きるとリビングにファミコンとシューティングゲームがあったことを思い出しました。あれから何年もお世話になった思い出のファミコンで、また遊べるなんて感動です。しかもあの頃には、思いも寄らなかった異国の地、香港で。一瞬、泣きそうになるのをぐっとこらえました。


f0371533_14412406.jpg



ファミコン本体を観察します。うまくつながらなくて、カセットを取り出してフーフーしたなぁ。この線、差したり外したりしたなぁ。30を越えてから、本当に涙もろくなりました。


f0371533_14414169.jpg



今はアンティークであろう貴重なゲーム機の数々を惜しみなく使わせてくれるイベントに感謝の気持ちでいっぱいになりました。ゲームの歴史を学んでもらおうと開催してくださった方々や、レアなゲームを買いに来たコレクターの方々は、感傷的な涙を浮かべながらゲームを見つめるワタクシを怪訝に思われたかと存じます。


f0371533_14415313.jpg



他にも、ゲーム初期時代のシステムがものすごい数並んでいます。コントローラーもなく、キーボードを使ってプレイする80年代のものもありました。登場人物のぎこちない動きが可愛いです。


f0371533_14420505.jpg



他にもこんなに大きいコントローラーでプレイするものも。指つらないですか?


f0371533_14421932.jpg



パソコンが大きすぎる~。今の薄型モニターと異なり、かなり場所を取ります。でも少し前までは、家のパソコンもこんな感じでした。


f0371533_14423038.jpg



こちらは、比較的新しいタイプのもの。と言っても20年以上前のものでしょうか。古いものに比べると人気はないようでした。画面も一気にクリアになり、色使いも豊富になった気がします。やっぱり古いものには、独特の味があるなぁと違いを感じました。


f0371533_14425331.jpg



その他、ゲーム機のミニ博物館もありました。もう製造販売中止のマニアにはたまらないアイテムの数々だと思います。


f0371533_14430953.jpg



f0371533_14432024.jpg



YOSAKUってあの与作ですか?あのヘイヘイホーの?


f0371533_14433490.jpg



f0371533_14434488.jpg



マリオとストリートファイターが特に人気で、人がたくさん並んでいましたが、相当の台数が出ていたので、あまり待つことなく遊ぶことができて大満足でした。この他、ゲーム大会やゲーム開発者たちによるデモンストレーション、パネルディスカッションなどもある大盛況のイベントでした。


f0371533_14435555.jpg



ところで、ザハ・ハディッドってどなた?と思われた方は、こちらから彼女のことを少しだけ知ることができます。ご興味がおありの方は、どうぞ。



< 香港復古遊戲展覽  RETRO.HK Gaming Expo >
💻 https://retro.hk/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-14 15:59 | 香港 博物館・イベント展覧会 | Comments(3)

8月に入ってからは、暑くて遠出していなかったのですが、今週末は街でいろいろな催し物があったので、いくつか行ってみることにしました。そのうちの1つが興味深かったので、ご紹介したいと思います。場所は、石硤尾です。何と読むのか分からない駅名ですが、英語だとShek Kip Mei だそうです。「百偶弄影演出」と言う展覧会を見に行きました。香港偶影藝術中心という組織が、パペットや影絵を紹介しています。


f0371533_18462798.jpg



会場は、石硤尾駅から5分ほどの所にある賽馬会創意芸術中心 (Jockey Club Creative Arts Centre) です。PMQ (元創方) を古くしたような感じのこちらのビルは、JCCACとして知られているようです。今回の展示会は、中央庭園で開催されていました。入るとまず、糸釣り人形が迎えてくれます。この自転車に乗っているピエロには、約30もの糸が付けられているそうです。なお、通常の糸釣り人形は16の糸で操っているそうですよ。


f0371533_18470797.jpg



個人的にはこちらが親しみやすくて好きでした。皮影戯 (ピーインシ) という種類のパペットです。ロバ・牛・羊の皮で作られているそうです。 若者 :「んもぉ!」政府の役人 :「だってぇ・・」とか言ってそうな顔が、可愛すぎます (注:想像です)。


f0371533_19262961.jpg



瞬間移動するレディーたち (注:同上)。

f0371533_19264252.jpg



今回の展示会には、英語の説明がありませんでした。ワタクシの頭の中の想像だけでは、全然お話になりませんので、広東語の説明を載せておきたいと思います。広東語がお得意の方は、こちらをお読みください。広東語が分からない方は、想像でお楽しみください。


f0371533_19265361.jpg



西遊記から「孫悟空 vs 白骨夫人 (原題:孫悟空三打白骨精)」もありました。白骨夫人が、あの手この手を使って三蔵法師を狙ってくるのですが、三蔵法師は白骨夫人が変装しているので、悪者とは気付かずに、守ってくれた孫悟空を叱ってしまうお話です。説明がヘタで申し訳ありませんが、善悪の区別や現実が何なのかを問うきちんとしたお話だそうです。


f0371533_19324626.jpg



広東語の説明はこちらからどうぞ。


f0371533_19325885.jpg



あとは、中国オペラのようなお人形も。


f0371533_19575207.jpg



結構大きいです。1メートル近くあるでしょうか。これを操るには相当の腕力が必要ではないかと思いました。


f0371533_19583708.jpg



これらは木でできています。前出の糸釣り人形とは異なり、木の杖で操作します。その名も、杖頭木偶という種類だそうです。


f0371533_20001678.jpg



決して手抜きではございませんが、広東語の説明はこちらからどうぞ。


f0371533_20023366.jpg



なんとアンディ・ラウ (劉 徳華, Andy Lau) さんも操ったことがあるようです。


f0371533_19294901.jpg



似たようなアート・カルチャーセンターの PMQ (Police Married Quarter, 元警察官家族寮) に行った時の記事もございます。街中からのアクセスはこちらの方が良いです。よろしければ、どうぞこちらからご覧ください。



< 賽馬会創意芸術中心(JCCAC)Jockey Club Creative Arts Centre >
🏢 九龍石硤尾白田街30号/30 Pak Tin St, Shek Kip Mei Kowloon
👣 石硤尾駅 C出口から徒歩5分くらい。
📞 2353-1311
🕐 イベント等による
💻 jccac.org.hk

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2017-08-13 20:49 | 香港 博物館・イベント展覧会 | Comments(3)