カフェ巡り16 歴史博物館の中にあるカフェ: 香城茶室☆Cafe Explore 16 City Cafe in Hong Kong Museum of History

香港歴史博物館に行きました。軽くお腹が空いたので、地上階にあったカフェに寄ってみました。博物館に入館しない方でも、ふらっと立ち寄れるオープンな感じです。博物館の荷物預けも利用できるし、無料のwifi もあるので旅行者にもおすすめのカフェです。


f0371533_15483981.jpg



外にあるメニューを見て、食べるものを先に決めます。その後、カウンターで注文し、お金を払ってから席に着くスタイルです。


f0371533_15493822.jpg



メニューはこんな感じです。カフェとしてご紹介しておりますが、ちゃんとしたお食事メニューもあります。


f0371533_15491277.jpg



店員さんもフレンドリーで感じが良かったです。お客さんは外国人ばかりなのかもしれないなァと思いました。


f0371533_15491843.jpg



ランチメニューはこんな感じです。博物館のカフェにしては、意外にリーズナブルな価格だなァと思います。


f0371533_15485747.jpg



平日の午後2時から、週末・祝日の午後3時からはアフタヌーンティ・メニューも提供しています。


f0371533_15490645.jpg



写真のような低めのテーブルやボックスシート等、たくさんの種類のテーブルセットがあり、スペースも広いです。テーブルにレトロな双六が挟んであり、興味深くじーっと見ていたら店員さんがくれました。


f0371533_15492654.jpg



香港名物の菠蘿包 (パイナップルパン) とコーヒーをお願いしました。もう住んで1年10か月になるというのに、いまだ観光客気分で、香港名物を選んでしまいます。菠蘿包はパン屋さんでは必ず見かける香港を代表するパンで、パン生地の上にクッキー生地を乗せて焼いているところが、日本のメロンパンに似ています。お店の内装は古い時代の香港でした。なんとなく昭和に通じるものがあります。


f0371533_15495125.jpg



午後2時から注文可能なアフタヌーンティ・セットでしたが、席に着いて時計を見たら、まだ午後1時57分でした。早めに受け入れてくれたんだなァと嬉しくて、1人でニヤニヤしました。テーブル横のニセモノの窓からは、博物館の中が見渡せました。


f0371533_15493205.jpg



大きな顔をしてチーズのように挟まれているのは、バターです。いつものごとく、いったん取り出して、必要なだけ薄く塗り直してからいただきました。あのまま全部食べたらカロリーと塩分とりすぎじゃないかと思います。


菠蘿鮮油包 $29 (¥406)

f0371533_15494593.jpg



温かくてふかふかで美味しかったです。スタバにも置いてくれたら嬉しく思います。コーヒーは残念ながら、エアコンの寒さですぐに冷めてしまいました。お店の壁には香港の街並みが何メートルにも渡って描かれていて、写真撮影にもおすすめです。


f0371533_15501992.jpg


香港歴史博物館とはこんな感じの場所です。

< 香城茶室 City Cafe >
🏢 尖沙咀漆咸道南100號香港歷史博物館1樓/1/F, Hong Kong Museum of History, Chatham Road South, Tsim Sha Tsui
👣 紅磡駅D1出口から徒歩約8分
📞 2412-3155
🕐 10:00-18:00 (平日)/ 10:00-19:00(週末・祝日)
💰 現金・オクトパスカード

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
Commented by ぐわい at 2018-06-18 10:38 x
注文せずに座ってても許されそうな、穴場のカフェだと思ってます。
壁画はうまく撮るのが難しい(*^^*)
Commented by ni07050 at 2018-06-18 22:06
> ぐわいさん
いつ行っても空いているので、尖沙咀の中では穴場ですよね☕ 壁画撮影は、廊下が狭すぎて難しいです。
by ni07050 | 2018-06-11 22:52 | カフェ・デザート | Comments(2)