よく使う日本の丸亀製麺と、1年分のプレゼント☆Marugame Udon Noodle Restaurant

こうも暑いと、選択肢がもう米線か、フォーか、うどんか、という日々を送っております。そんな流れで、讃岐うどん店チェーンの「丸亀製麺」に行きました。香港でもよくお世話になっています。


丸亀製麺

f0371533_16454145.jpg



メニューは壁にかかっているこちら。食べるものを決めてから、カウンターで注文する日本と同じシステムです。


f0371533_16454932.jpg



揚げたての天ぷら~。

f0371533_16460032.jpg



明太子のおにぎりは2個しか残っていませんでした。「香港の人にもうどんとおにぎりの組み合わせの良さが分かるんだなァ」となんだか嬉しくなりました。食べたかったけど「ローカルの人にもっと食べてもらおう」と変な親心が芽生えたので、結局食べませんでした。たまにジブンでも意味不明だなァと思う行動をしてしまう時があります。


f0371533_16460780.jpg



飲み物は缶ドリンク系でした。

f0371533_16461456.jpg



「丸亀製麺」を展開するトリドールホールディングスは、香港で人気の米線のチェーン店「譚仔雲南米線」と「譚仔三哥米線」の運営会社を買収しました。「今後、米線でもこんな薬味のセルフサービス方式が採用されたら、酸菜をたくさん入れよう」「うどんのように米線にトッピングで刻みネギを入れても、美味しいんじゃないか」などと妄想が止まりませんでした。


f0371533_16462015.jpg


「譚仔雲南米線」とはこのようなお店です。


そして「譚仔三哥米線」とはこのようなお店です。



システムが分かっているので、1人で行っても余裕です。でも、サンドウィッチ専門店のサブウェイだって、慣れるまでは緊張しました。何事も経験を積むことが大事です。


f0371533_16462609.jpg



味噌煮込みうどんをお願いしました。味噌というより、むしろカレー色。思っていたのとは違いましたが、これはこれでまぁまぁでした。


辣味噌五花鳥冬 $47 (¥663)

f0371533_16463215.jpg



こちらは見た目通りの明太子と温泉卵の冷やしうどんです。日本で食べるよりコシが弱いのが、ちょっと残念です。丸亀製麺は、尖沙咀、太古城、黄埔、新蒲崗、荃湾、油塘など、香港で11店舗展開しています。


明太子温泉蛋拌鳥冬 $45 (¥635)

f0371533_16464766.jpg



おまけ:
よく賞品で「○○を1年分プレゼント!」というのがあります。そんなようなことが先日、歯医者さんに行った時にありました。帰り際にもらったこちらの大量の歯磨き粉です。袋に入れてくれるわけでもないので、バッグに入れて帰りましたが「万引きしたと思われたらどうしよう」かとヒヤヒヤしました。前回、別の歯医者さんに行った時も同じようなことがありました。これ、香港では普通なのでしょうか?日本で買うと結構なお値段がする「センソダイン・ラピッド」という歯磨き粉ですが、わが家ではクリアクリーンを使っている故、置き場所に困っております。前回は知り合いに配ったけど、今回はどうしよう。


f0371533_16465354.jpg


< 丸亀製麺 >
💻 http://www.marugame.hk/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-07-01 12:01 | 香港で食べる和食  | Comments(0)