新たな通勤方法の選択肢になる?MTRのディスカウント・チケット☆MTR City Saver in Hong Kong

電車に乗っていたら、ドアにこの広告がありました。最近、諸事情によりオットのオフィスが一時的に遠くに引っ越し、電車代が高くなっていたので、ちょうど良いかもと調べてみました。

f0371533_17264762.jpg



現在、MTRがよく電車を利用する人に向けて発行しているカードには「港鐵都會票・全月通加強版・日票」の3種類があります。今回ご紹介するのはその内の「港鐵都會票 (シティセーバー)」です。基本的には、通勤で中長距離の移動をする方海を渡って通勤する方に向けたものだそうです。


まず、この料金割引を使うメリットは以下の点です。

・425ドルで40回 (20往復) 乗ることができる。
・8路線の駅で使うことができる。


シティセーバーが使える駅は以下の通りです。

- 荃灣綫 全駅
- 港島綫 全駅
- 南港島綫 全駅
- 觀塘綫 全駅
- 將軍澳綫 全駅
- 東涌綫 香港-青衣
- 西鐵綫 紅磡-荃灣西
- 東鐵綫 紅磡-九龍塘 (ファーストクラスを除く)

f0371533_17533821.jpg
(www.mtr.com.hkより)


肝心のカードは、各駅のチケットカウンターで購入できます。支払い方法は以下のどれかから。

・各駅のカスタマーサービスカウンター(客務中心): 現金のみ
・海洋公園, 黃竹坑, 利東, 海怡半島, 黃埔駅のセルフサービス・ポイント(自助客務機): 現金またはオクトパスカード


ルール:
チケット購入後14日以内に最初の乗車を済ませること。チケットの有効期限は最初の乗車から40日間。

f0371533_17271458.jpg



乗る時はピッと、降りる時はカードを差し込んで機械に通してから出ます。それで40回分の乗車を数えるそうです。尖沙咀~尖東間の歩きの部分などはカードを使っても加算されないようになっています。


f0371533_17272243.jpg



いろいろ言いましたが、結局は「どのくらいセーブできるのか?」が気になるところです。

例えば「將軍澳 - 黃竹坑」の場合は、
通常14.7ドル/片道のところ、このシティセーバーを使うと10.6ドル/片道になり、
全体的には約163ドル (約2,400円) の節約になります。


皆様の通勤の場合はいかがでしょうか~?詳しくは公式のウェブサイトからご確認いただけます。

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-10-10 22:02 | 日常生活 | Comments(0)