沙田の道風山にある巨大十字架☆Tao Fung Shan Christian Centre

沙田の道風山という山の上にあるキリスト教教会「道風山基督教叢林 (Tao Fung Shan Christian Centre)」に行きました。沙田駅前の排頭村 (Pai Tau) から出発です。駅を背にして、この村の左奥に進みます。


f0371533_11582775.jpg



ちなみに、奇妙なお寺「萬佛寺」に行く場合は、村の右奥に進むとスタート地点があります。



さて。この看板が見えたら、ピンク色の「道風山」というサインに従って、後ろにある階段を進みます。

f0371533_11583761.jpg



目的地の「道風山基督教叢林」までは、駅から20分くらいです。

f0371533_11584663.jpg



この分かれ道を右 (道風山路) に進みます。結構きつい坂道が続きますが、舗装はきちんとされていて、車も少ないので歩きやすいです。


f0371533_11585442.jpg



右手にこの階段が見えたら、もうほぼ到着です。階段を上がって敷地に入ります。

f0371533_11590346.jpg



岩を割って木が生えていました。パワーポイント的な空気が感じられます。よく分かりませんが、多分そんな雰囲気です。


f0371533_11591324.jpg



他の教会やお寺とは異なり、観光で訪れている人は少なく、本当に静かに瞑想する場所という感じでした。


f0371533_12011440.jpg



急に目の前に出現したミステリー・サークル、もとい瞑想の場所です。宇宙からのメッセージかと思いました。なんか神秘的~。


f0371533_11593032.jpg



こちらが本殿 (チャペル) です。屋根には十字架が見えます。

f0371533_12010112.jpg



お寺ではありませんが、お寺みたいな場所です。1930年にノルウェーの牧師さんによって始められました。約90年の歴史があります。


f0371533_11593955.jpg



ミスマッチな気もしますが、鐘にも十字架があります。

f0371533_11594935.jpg



独特なデザインのこの建物は、デンマークの建築家によってデザインされました。


f0371533_11595749.jpg



チャペルの裏に回りました。

f0371533_12000754.jpg



萬佛寺が見えました。

f0371533_12001751.jpg



こちらは「藝術軒」というアートショップです。結構おもしろい品が置いてあり、しばし楽しく見学しました。


f0371533_12002967.jpg

< 藝術軒 >
🕐 9:00-12:30/13:30-17:00(月~土)/日・祝日は休み
📞 2694-4007


敷地は結構広いです。

f0371533_12004787.jpg



蝶々もたくさん飛んでいました。

f0371533_12013866.jpg



敷地の裏にある林の中を10分ほど歩くと、こちらの「孫文生命門」があります。


f0371533_12012615.jpg



中に入ると、この巨大十字架が~。人の大きさと比べると、その大きさがよく分かります。なかなかの迫力です。本殿といい、この十字架といい、かなりユニークな場所です。


f0371533_12014910.jpg



ここから沙田の街が見下ろせました。あとで駅に戻って山の上を見ましたが、下からはこの十字架が見つけられませんでした。駅から20分と近いのに、人々から忘れ去られているかのような本当に静かな場所でした。おすすめです。


f0371533_12015985.jpg


< 道風山基督教叢林 >
🏢 沙田道風山路三十三號
📞 2694-4038
💰 無料
💻 http://www.tfscc.org/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
Commented by ぐわい at 2018-12-07 09:40 x
前から行きたいと思ってるところなので、行き方が詳しくわかって嬉しいなー🎵助かります!
Commented by ni07050 at 2018-12-07 22:36
> ぐわいさん
お役に立てて光栄です!ちょっと変わってる場所ですよね (´∀`*)ウフフ~
by ni07050 | 2018-12-04 23:49 | 歴史的建築物 | Comments(2)