人気ブログランキング |

安全性は?接種する・しない?香港でのビオンテック製ワクチンの再開☆Quality and Safety Concerns of the Vaccine in Hong Kong

オットがもうかれこれ1年3か月くらい自宅勤務です。記憶が正しければ、今年はまだ1回しか会社に行っておりません。慣れない育児なので、家にいてくれるのは心強いのですが、在宅とは言え、ほとんどの時間は会議で部屋にこもりっぱなし。赤子が泣くと「会議の声が聞こえない (もしくはジブンが話す時に泣き叫びも入るため、同僚に笑われる) から、ちょっと静かに」と、部屋から出てきて控えめに忠告してきます。家にいてもいなくても、1人で面倒を見ることに変わりはないので、なんなら会社に行ってくれたくれた方が・・と思います。そんなこともあり、この5連休はその役目をオットに任せ、のんびーりさせてもらいました。


安全性は?接種する・しない?香港でのビオンテック製ワクチンの再開☆Quality and Safety Concerns of the Vaccine in Hong Kong_f0371533_17075779.jpg



さて。本日、オットがビオンテック社のワクチン (いわゆるドイツの) 接種に行きました。シノバック (いわゆる中国の) よりいっかーと思った矢先、容器に問題が見つかり、2週間ほど接種が停止されていた曰く付きのアレです。安全性が確認されたとのことで一昨日から再開しましたが「しばらく様子を見てから受けたいから、それなりの経験結果が出てくるであろう4月にしよう」と遅めに予約したオットは、この予期せぬ問題のせいで、結局あまり前例がないままに接種することになり、昨夜は「どうしよう、キャンセルしようかな」と迷っておりました。しかし、香港政府がビオンテックの供給には限りがあるとして早めの接種を呼び掛けていることから「近い将来、中国のワクチンしか選択肢がなくなる」と行くことにしたようです。ということで、行くにあたって、少し勉強しました。


安全性は?接種する・しない?香港でのビオンテック製ワクチンの再開☆Quality and Safety Concerns of the Vaccine in Hong Kong_f0371533_18584977.jpg



< まずは、素朴な疑問から >

1. 誰がワクチンを受けられる?
香港IDを持つ30歳以上の人。予約はオンラインで ⇒ 2019冠狀病毒病疫苗接種計劃 (COVID-19 Vaccination Programme)
予約後、ショートメッセージがきます。

2. ワクチンを受けない方が良い人は?
妊娠中、授乳中の方、心臓・肺・肝臓・腎臓などが慢性的に悪い方、神経系の疾患がある方

3. 香港で受けられるワクチンの種類は?
- CoronaVac (Sinovac シノバック)
- Comirnaty (BioNTech Pfizer - Fosun Pharma ビオンテック)

3-1. 独ビオンテック (BioNTech) と、米ファイザー (Pfizer)、中国復星 (Fosun Pharma)、どういう関係?
ファイザーと復星は、ビオンテックのパートナーとしてビオンテックが開発したワクチンを臨床実験。復星は中国、ファイザーはそれ以外の地域を担当。しかし当時、中国にすでにコロナ患者があまりいなかったため、臨床結果はアメリカからものが多数。そのため、香港で使われているビオンテックのワクチンはファイザーの臨床結果を基に開発されたもので、中国の復星の工場で作られている。つまり、メイドインチャイナ。

4. 効果のほどは?接種後、コロナにかからない可能性は?
- シノバック: 50.66%, 2本目以降は 62.3% に上昇
- ビオンテック: 95%

5. いくらする?
無料です。

6. 海外渡航の条件になる?
ワクチン接種を条件として、日本から香港へ戻る人は、指定ホテルで現在21日間の強制隔離のところ、14日間になるかも、という話がありましたが、香港政府はコロナ対策制限の緩和はワクチン接種者数が (元の生活に戻るには人口の半分以上までに) 増えれば検討できると話している程度なので、まだまだ現実味はなさそうだなァと思いました。特に日本は感染拡大で「まん延防止等重点措置」を適用している程だし。


< 続いて、誰もが懸念しているであろう安全性について >

ワクチンのメリットとデメリット
- シノバック
良い点: 従来のワクチンと同じ構造 (病原体を投与し、免疫をつける) ので、安心。
悪い点: 接種しても感染の可能性はあり。

- ビオンテック
良い点: 接種すればまず感染しない。
悪い点: 新しい技術 (遺伝子工学) なので心配。副反応が強い。



< それらを踏まえて、接種するか、しないか?家族会議の結果 >

ワタクシは現在授乳中のため、接種しない選択をしましたが、オットは仕事の関係上、海外への移動が必要になる可能性が非常に高いため、接種しました。家族間で受ける人と受けない人がいたら、あまり意味はないのかも?とも思いましたが、今後の状況を考えた上での判断です。接種すればまず感染しない、海外で医療関係で働く友人・家族がすでに接種していて問題がないみたい、という理由からビオンテックを選びましたが、個人的にはファイザーの臨床試験がアメリカ (白人) ばかりで、アジア人への安全性が十分に分かっていないので、そこが少し怖いなと思っております。


< ビオンテックを受けてみて >

予約の時間より45分ほど早く着いたそうですが、早めに受けられたそうです。場所は私立のセントポール病院で、欧米系やインド系が多かったそうです。受付後、距離を開けた椅子に来た順番に座らされ、副作用などの情報が載った冊子を読み、部屋に呼ばれ、ナースから「何のワクチンを受けるのか理解しているか、アレルギーはあるか、ワクチン接種後に具合が悪くなったことはあるか、医療関係者からワクチンを受けない方がいいとアドバイスされたことはあるか」等の簡単な面接の後、ワクチンを打たれたそうです。その後、接種時間の書かれたシールを張られ、15分待機するように言われ、問題がなかったので帰ってきました。少しめまいがする気がする・・とか言っておりましたが、現在は腕が少し重いような、力が入りづらいような、腕をあげると確実に筋肉が痛い、という状況だそうです。副作用は2日目がより強いそうなので、要観察です。


< 最後に >

英アストラゼネカが、ワクチンの接種と血栓症との関連性を巡る件で、若年層を対象とした国内の臨床試験を中断したとニュースでみました。やっぱり怖い。日本はアストラゼネカを大量に確保しているので、両親にはぎりぎりまで受けないほうがいいよーと言っております。今回の接種に際し、様々な記事を読みましたが、英文のものばかりだし、情報が正しいものかの判断も難しい・・。シュフの頭の中の独り言だ、と思ってお読みいただけると幸いです。状況も刻々と変わっているので、もし間違いがあれば、ご教示いただきたくお願い申し上げます。そして、オットの2回目の接種は21日後でございます。


他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

by ni07050 | 2021-04-07 23:57 | 香港の病院・ヘルスケア | Comments(0)