カテゴリ:歴史的建築物( 53 )

大嶼島 (ランタオ) の「東澳古道」というトレイルに挑戦しました。全部で約5時間くらいのトレッキングでしたが、景色も良く、達成感も得られるコースでしたので、何回かに分けてご紹介したいと思います。最初の半分くらいは楽ちんな歩きでした。まずはバスに乗って東涌へ~。ケーブルカー乗り場のそばの「順東路 (Shun Tung Road)」脇にあるこの緑の手すりがある道からスタートです。バス停は東涌消防局の通りにある「東堤灣畔」を利用しました。スタート地点はどこから始めたいかによるので、ここには限りませんが、我が家はバス停から近いこちらからスタートしました。


f0371533_13212840.jpg



あまりにも道が地味すぎて心配になり、地元の方のお聞きしたら、こちらで大丈夫とのことだったので安心して進みました。一通り登ったらすぐ降りるという10分もかからない山道を過ぎると、こちらの道に出ます。昂坪行きのロープウェイと港珠澳大橋が見える右手に進みます。写真右の屋根がある所が本日最初の観光スポット「虎地灣石灰窰」という法定古蹟です。


f0371533_13225249.jpg



焼窯の跡地です。日本語の説明もありました。カキやその他の貝殻を高温で焼却し、殻灰をつくったそうです。殻灰は防水機能があったので貯水するのに使ったり、壁に塗られたりしたそうです。


虎地灣石灰窰
🏢 大嶼山東涌/Tung Chung, Lantau Island
💰 無料

f0371533_13232329.jpg



そのお隣には「東涌小炮台」があります。こちらも法定古蹟です。残っている文書では1817年にできたという記録があるそうです。この遺跡は1980年に発見されました。


東涌小炮台 Tung Chung Battery
🏢 大嶼山東涌/Tung Chung, Lantau Island
💰 無料
💻 http://www.amo.gov.hk/en/monuments_22.php

f0371533_13234740.jpg



「まぁこんなもんか」程度の感想で、次は今来た道を戻るようにして田舎道を進みます。右手に養蜂場などがあります。この季節は、黒に青が鮮やかなこちらの蝶々をよく見かけます。


f0371533_13363110.jpg



田舎なので道が分かりづらく恐縮ですが、地図で言うと赤線の道順で来ています。現在地は星マークの辺りです。バスを降りてからここまで来るのに大体20分くらいです。矢印の示すもう1つの炮台に行きたいと思います。


f0371533_13461004.jpg



このラウンドアバウトが見えたら、ここを左に曲がります。この辺からは高層団地も出てきて、人も増えてきました。この時点でもう暑くて歩くのが面倒になってきたのでシェアバイクに乗ることにします。


f0371533_13364254.jpg



シェアバイクの借り方はこちらからご覧いただけます。トレッキングに来たのに歩きたくないという愚か者にも優しく手を差し伸べてくれるサービスです。



歩道橋 (自転車用道路もあります) を渡ると、バス停のそばに次の目的地「東涌炮台」の入り口が見えます。


東涌炮台 Tung Chung Fort
🏢 東涌下嶺皮村/Ha Ling Pei Village, Tung Chung Road, Lantau Island
💰 無料
💻 http://www.amo.gov.hk/b5/monuments_07.php

f0371533_13370963.jpg



門には1832年とありました。砲台と要塞かと思っていたら、小学校が出現しました。今はもう廃校になっている「旧東涌公立小学校」でした。


f0371533_13370107.jpg



東涌公立小学校
🏢 同上
💰 無料

1898年に新界がイギリスに貸し出された時、炮台としての役割を終え、まずは警察署として、その後、華英中學 (Wa Ying College) の校舍、最後に東涌鄉事委員會と東涌公立學校として利用されました。


f0371533_13372428.jpg



お隣の建物は資料館になっていて、この辺り一帯の歴史を知ることができます。


展覽中心 Information Centre
📞 2208-4400
🕐 10:00-17:00/火曜、12/25-26, 1/1, 旧正月の3日間は休み
💰 無料

f0371533_13373215.jpg



資料写真と同じ場所で写真を取って見たら、もはや全然違う景色でした。


f0371533_13374148.jpg



塀の上は道になっているので歩くことができます。


f0371533_13375460.jpg



f0371533_13380354.jpg



監視小屋から見た風景です。こちらでの滞在時間は約15分くらいでした。


f0371533_13381440.jpg



今回まわった場所は、康樂及文化事務署のこちらのウェブサイトに詳しく載っています。うまくリンクできなかったので、ご興味がおありの方はお手数ですが、下記のリンクをご参照ください。

💻 http://www.amo.gov.hk/form/Tung%20Chung%20Relics%20pamphlet%202010-08.pdf#search=%27%E6%9D%B1%E6%B6%8C%E5%85%AC%E7%AB%8B%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%27


なおこの東澳古道の詳しい情報は以下のウェブサイトからご覧いただけます。

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-04-09 11:16 | 歴史的建築物 | Comments(2)

廟宇漫遊シリーズ第14回。華人廟宇委員会がまとめた主要24のお寺を巡っています。香港中に散らばっているので多少、厄介な場所にある (←罰当たりです) ものもあります。今回は坪洲という島にあるお寺に行きました。


f0371533_11542513.jpg



恒例のチェックリストにまいります。赤字は訪問済、青字は今回訪問のものです。


< お寺リスト List of Temple> 

香港區廟宇 Hong Kong Island
13 大坑蓮花宮Lin Fa Kung, Tai Hang
12. 亞公岩玉皇宮殿 Yuk Wong Kung Din, A Kung Ngam Shau Kei Wan
16. 香港仔天后廟 Tin Hau Temple, Aberdeen
17. 黃泥涌譚公天后廟 Tam Kung Tin Hau Temple, Wong Nai Chung
21. 筲箕灣天后廟 Tin Hau Temple, Shau Kei Wan
18. 筲箕灣城隍廟 Shing Wong Temple, Shau Kei Wan
19. 筲箕灣譚公廟 Tam Kung Temple, Shau Kei Wan
15. 鴨脷洲水月宮 (觀音廟) Kwun Yum Temple, Ap Lei Chau
14. 鴨脷洲洪聖廟 Hung Shing Temple, Ap Lei Chau
22. 灣仔北帝廟 Pak Tai Temple, Wan Chai

九龍區廟宇 Kowloon
7. 土瓜灣天后廟 Tin Hau Temple, To Kwa Wan
20. 紅磡觀音廟 Kwun Yum Temple, Hung Hom
23. 茶果嶺天后廟 Tin Hau Temple, Cha Kwo Ling
4. 深水埗三太子及北帝廟 Sam Tai Tze & Pak Tai Temples, Sham Shui Po
5. 深水埗天后廟 Tin Hau Temple, Sham Shui Po
6. 深水埗關帝廟 Kwan Tai Temple, Sham Shui Po
2. 聯合道侯王廟 Hau Wong Temple, Junction Road
24. 鶴園角北帝古廟 Pak Tai Temple, Hok Un Kok

新界及離島區廟宇 New Territories & Off-shore Islands
9. 大澳楊侯古廟 Yeung Hau Temple, Tai O
3. 佛堂門天后古廟 Tin Hau Temple, Joss House Bay
1. 沙田車公廟 Che Kung Temple, Sha Tin
10. 坪洲天后廟 Tin Hau Temple, Peng Chau
8. 長洲玉虛宮 Pak Tai Temple, Cheung Chau
11. 長洲洪聖古廟 Hung Shing Temple, Cheung Chau


この地図の緑のコースを歩きました。島には他にもお寺がいくつかあったので、目的の天后廟と合わせてお寺参りと相成りました。


f0371533_19140981.jpg



目的の天后廟は、フェリーから降りて150メートルくらいのところにありました。1798年に建てられた古いお寺です。


天后廟 Tin Hau Temple
🏢 坪洲永安街69B號
🕐 7:00-17:00
💻 http://www.ctc.org.hk/en/directcontrol/temple22.asp

f0371533_18234431.jpg



天后宮の脇に、清の時代の石碑がありました。1835年に作られたもので、海賊行為がはびこった当時、政府の役人が海賊をとらえることを口実に漁船に「金出せぃ、おりゃ~」とお金を要求したそうです。それが坪洲の生活に大打撃を与えたため、漁民が郡の行政長官にチクり、長官が役人に徴発を禁じる注意文書を出しました。漁民は「こんな紙っ切れ、信用できるか。けっ。」と言ったかどうかは定かではありませんが、この文書は長期保存できないと考え、募金を集めてこの石碑を建てたそうです。


奉禁封船碑

f0371533_18235096.jpg



その天后宮から3-4軒隔てたところに「金花廟 (ゴールデン・フラワー・シュライン)」というお寺もありました。子孫の末永い繁栄をお願いする場所だそうです。いかにも女神さまがいそうな優美な雰囲気のお寺でした。

金花廟
🏢 坪洲永安街
💻 kamfatemple.com

f0371533_18235708.jpg



フェリー乗り場とは島の反対側にある静かなビーチ沿いには「ルン・モー (龍の母)」という名の島最大のお寺がありました。

龍母廟
🏢 坪洲東灣志仁街15號地下

f0371533_18240245.jpg



海の目の前です。島人達がのんびりしているのが、なんとも豊かな生活を送っている感じがして、こちらまで幸せな気持ちになりました。


f0371533_18240815.jpg



お寺の中にある「龍のベッド」には幸運をもたらし、未来を予言する力があると信じられていて、それに触るためにたくさんの人々が訪れるそうです。それよりも何よりも観光客もいないこの小島に、わざわざ日本語の説明があるのが有難かったです。


f0371533_19164038.jpg



説明があるのとないのでは全然違います。なかったら「ふーん」くらいで、本日もイマイチまとまらずに終わるところでした。助かりました。


f0371533_18241528.jpg



坪洲の街の様子はこんな感じです。ご興味がおありの方は合わせてお読みください。


こんな見どころもありますよ。


他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-04-06 12:01 | 歴史的建築物 | Comments(0)

廟宇漫遊シリーズ第13回。華人廟宇委員会がまとめた主要24のお寺を巡っています。香港中に散らばっているのですが、比較的アクセスが容易な場所はほぼ制覇しましたので、あとは離島まで行かなくてはなりません。今回は長洲という島にある2つのお寺に行きました。それ以外にもいろいろなお寺があったので、結果的にお寺巡りと相成りました。


f0371533_12183576.jpg



恒例のチェックリストにまいります。赤字は訪問済、青字は今回訪問のものです。赤字が増えてきた中でひときわ目立つ「香港仔天后廟」は、以前、鴨脷洲のお寺に行った時にそばにいたのに行きそびれた、いわくつきのお寺 (←また行くのが面倒なだけ ←その根性が罰当たり) です。我が家からだと香港仔は遠いので痛恨のミスでしたが、いつか行かなければなァ (→行ってきました)。


< お寺リスト List of Temple> 

香港區廟宇 Hong Kong Island
13 大坑蓮花宮Lin Fa Kung, Tai Hang
12. 亞公岩玉皇宮殿 Yuk Wong Kung Din, A Kung Ngam Shau Kei Wan
16. 香港仔天后廟 Tin Hau Temple, Aberdeen
17. 黃泥涌譚公天后廟 Tam Kung Tin Hau Temple, Wong Nai Chung
21. 筲箕灣天后廟 Tin Hau Temple, Shau Kei Wan
18. 筲箕灣城隍廟 Shing Wong Temple, Shau Kei Wan
19. 筲箕灣譚公廟 Tam Kung Temple, Shau Kei Wan
15. 鴨脷洲水月宮 (觀音廟) Kwun Yum Temple, Ap Lei Chau
14. 鴨脷洲洪聖廟 Hung Shing Temple, Ap Lei Chau
22. 灣仔北帝廟 Pak Tai Temple, Wan Chai

九龍區廟宇 Kowloon
7. 土瓜灣天后廟 Tin Hau Temple, To Kwa Wan
20. 紅磡觀音廟 Kwun Yum Temple, Hung Hom
23. 茶果嶺天后廟 Tin Hau Temple, Cha Kwo Ling
4. 深水埗三太子及北帝廟 Sam Tai Tze & Pak Tai Temples, Sham Shui Po
5. 深水埗天后廟 Tin Hau Temple, Sham Shui Po
6. 深水埗關帝廟 Kwan Tai Temple, Sham Shui Po
2. 聯合道侯王廟 Hau Wong Temple, Junction Road
24. 鶴園角北帝古廟 Pak Tai Temple, Hok Un Kok

新界及離島區廟宇 New Territories & Off-shore Islands
9. 大澳楊侯古廟 Yeung Hau Temple, Tai O
3. 佛堂門天后古廟 Tin Hau Temple, Joss House Bay
1. 沙田車公廟 Che Kung Temple, Sha Tin
10. 坪洲天后廟 Tin Hau Temple, Peng Chau
8. 長洲玉虛宮 Pak Tai Temple, Cheung Chau
11. 長洲洪聖古廟Hung Shing Temple, Cheung Chau



今回まず最初に訪れたお寺は、1783年に建てられた玉虛宮です。230年以上もの歴史がある一級歷史建築物です。


長洲玉虛宮 (北帝廟) Pak Tai Temple

f0371533_12235526.jpg



お寺の前の広場では、この島の一大イベント「包山節 (太平清醮)」というお饅頭のお祭りの準備が進んでいました。


f0371533_12413893.jpg



長洲玉虛宮では北帝を信仰しています。

f0371533_12265732.jpg



中国の伝統的なお寺のレイアウトと同様で、正殿に神壇が置かれ、その両サイドに偏殿と呼ばれるホールがありました。


f0371533_12274649.jpg


🏢 長洲北社街/Pak She Street, Cheung Chau
👣 フェリー乗り場を出て左に進み、海傍路を北方向に約8分。右折し、國民路に入り、次に左折、北社街を約3分ほど行く
🕐 7:00-17:00
💰 無料
💻 http://www.ctc.org.hk/b5/directcontrol/temple23.asp
💻 http://www.discoverhongkong.com/jp/see-do/culture-heritage/chinese-temples/pak-tai-temple-at-cheung-chau.jsp



北帝廟そばの Family Walk という散策路を2分ほど行ったところにもお寺があったので、廟宇漫遊のリストには入っていませんでしたが、寄ってみました。老人ホームに隣接するお寺で、ちびっこ達がお寺の前で元気よくサッカーをして遊んでいて「なんか村っていいなァ」と微笑ましい気分になりました。


f0371533_12470832.jpg



長洲はそんなに大きな島ではないのに、お寺の数がとても多かったです。これより先に書くお寺も華人廟宇委員会がまとめた主要24のお寺ではありませんが、ご紹介したいと思います。


觀音古廟 Kwun Yam Temple

f0371533_12471531.jpg



お寺の前に広がるビーチ「觀音灣」の名前は、このお寺からつけられたそうです。香港に初の金メダルをもたらした李さんという方がウインドサーフィンを練習したことで知られる有名なビーチです。金メダルは現在も、この時に獲得した1つのみです。


f0371533_12480186.jpg



山の中にあるこじんまりとした静かなお寺でした。このお寺は下記のトレイル内にありました。



パビリオンタイプのこちらは1973年に建てられた「關公忠義亭」です。梅の花が咲いていて、多くの人が写真を撮っていました。


關公忠義亭 Kwan Kung Pavilion

f0371533_12480762.jpg



足を噛まれたお母さんが「うあぁぁ~」と言ってました、多分。


f0371533_12481381.jpg


🏢 長洲觀音灣路/Kwun Yam Wan Road, Cheung Chau
👣 フェリー乗り場から東灣路をワーウィックホテル方向に進み、スポーツロードを曲がる
💰 無料



飲食店が軒を連ねる広場には、海の女神をまつる寺院もありました。


天后廟 Tin Hau Temple

f0371533_12481972.jpg



たくさん歩いてお腹が空いたので、次の華人廟宇委員会の主要24のお寺の1つである「洪聖古廟」に行く前に、こちらでお昼ご飯を食べました。



そしたらですね、なんとですね、すっかり洪聖古廟のことは忘れてしまって、帰宅してしまったんですよね。痛恨のミス!!
そばにいたのに行きそびれた、いわくつきのお寺 (←また行くのはかなり面倒 ←だからその根性が罰当たり) プレイバック・パート2です。フェリーに乗っている時に急に思い出し「ちょっと待って! Play Back!!」となりました。坊や、もといジブン、いったい何を教わって来たの?


************ 追記 ************
後日、また長洲島に行く機会があったので、前回行きそびれた「洪聖古廟」を訪れました。香港のお寺は午後5時に閉まる所が多いので、島に到着したのが遅かったワタクシは、フェリーを降りた瞬間から緑の中を走り抜けてく真紅なポルシェのごとくダッシュし、午後4時57分に到着することができました。


洪聖古廟 Hung Shing Temple

f0371533_18581817.jpg



入ってすぐに「もう閉まるから (出て行ってくれという目)」と言われましたが、こちとら一般の観光客とは違い、今回で4回目の島訪問です。なぜ4回も行ったのか?その複雑な事情はこちらからご覧いただけます。



そういう訳で、今回お参りしないで帰るわけにはいきません。残り3分、ウルトラマンみたいですが、しっかりとお参りさせてもらいました。で、直後、門閉められる之図。


f0371533_18574800.jpg


まぁ無事に済んで良かったです。私だって、私だって、疲れるわ。


他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-28 18:39 | 歴史的建築物 | Comments(2)

歷史建築級別で一級歷史建築に指定されている香港大會堂 (シティホール) に行きました。一級歷史建築と言っても、オープンは1962年なので、そんなに古い印象はありません。中にはコンサートホールや展示会開場、劇場などが入っています。


f0371533_16302758.jpg



歴史をたどってみると、どうやら昔のシティホールは1869年に建てられたそうです。戦後1947年に取り壊されて、新しくデザインされ、1956年に建設が始まり、1962年に今のシティホールがオープンしました。


f0371533_16303579.jpg



シティホールに隣接している小さな公園はメモリアルガーデンです。公園のゲートには以前から使われていたものが現在も使われており、軍のエンブレムが刻まれています。


f0371533_16304229.jpg



このメモリアルガーデンは第二次世界大戦で犠牲になった兵士と一般市民のためにつくられたそうです。


大會堂紀念花園 Memorial Garden

f0371533_16315912.jpg



ファイナンシャルセンターの中心にあるとは思えない穏やかな雰囲気です。結婚式の撮影などに使われることもあるそうです。


f0371533_16320634.jpg



その中心には記念塔があります。普段は閉まっていますが、毎月最初の日曜日9:30-12:30には一般開放され、中を見学することができます。


紀念龕 The Memorial Shrine

f0371533_16321208.jpg



中には戦没者名簿や刻板などが納められています。


f0371533_16321877.jpg



シティホールというと市役所みたいなイメージですが、市民に関する行政サービスをしている場所ではないようです。


f0371533_16304976.jpg



ホッと一息つける都会のオアシスみたいな場所でした。見学してお腹が空いたら、シティホール内にあるこちらのレストランがおすすめです。


お隣には香港の都市開発について学べる「展城館 (シティギャラリー)」もあります。お手洗いが綺麗で、ビクトリア湾の眺めも独り占めできる最高のロケーション!イチオシです。


< 香港大會堂 >
🏢 香港島中環愛丁堡廣場5號 / 5 Edinburgh Place, Central
👣 中環駅J出口または香港駅A出口から徒歩約10分
📞 2921-2840
🕐 9:00-23:00 無休
💰 無料
💻 www.cityhall.gov.hk

< 大會堂紀念花園 Memorial Garden >
🕐 7:30-22:30
💰 無料

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-24 19:22 | 歴史的建築物 | Comments(0)

昨日の「香港許願節2018」からの続きです。まさに地元の人たちのお祭りといった雰囲気でとても良かったです。



そのお祭りは、大埔の林村で開催されていました。村の奥にある天后廟にも行ったので合わせてご紹介したいと思います。


林村天后廟 Tin Hau Temple at Lam Tsuen

f0371533_14335291.jpg



1768年に完成した歴史的建造物で、国の二級歷史建築にも指定されています。清朝の乾隆帝の治世に建立されたもので、香港の中でもかなり歴史の古いものだと思います。


f0371533_14341832.jpg



二棟構造の廟には、海の守護神である天后と文学の神と武道の神が祀られていました。


f0371533_14343072.jpg



この箱の中から1枚紙を選んで、今年の金運を占うというのをやってみました。


f0371533_14343894.jpg



八千万と出ました!オットはたったの八百万。現在、一銭も稼いでいないワタクシですが、今日ばかりはエラそうにできました。


f0371533_14344552.jpg



混乱期に村を守った高貴な心を持った12人の名誉のために建てられたという正義の寺院もありました。


f0371533_16215400.jpg



許願節というお祭りの最中なので屋台もたくさん出ています。出来立てのお餅をいただきました。ものすごく美味しくて感動するくらいのお餅でした。昔懐かしい感じの少し硬めのお餅の中には黒ゴマのペーストが入っていました。


f0371533_14345816.jpg



試食がたくさん出ているこちらの屋台では、その戦略に見事にはまり、紅油拌菜料という調味料を2瓶購入しました。なんでもこれをかけると簡単に四川料理ができるそうです。


f0371533_14350704.jpg



辛いものの後は甘いものが欲しくなったので、香港の定番スナックのワッフルも食べました。


f0371533_14351548.jpg



こんな不思議な漢方植物も見つけました。止血作用があるそうですが見た目はちょっと怖かったです。


f0371533_14352557.jpg


< 林村天后廟 >
🏢 新界大埔林村/Lam Tsuen, Tai Po, New Territories
👣 太和駅A出口より64Kまたは25Kバスで約10分
📞 2638-3678
🕐 2018年3月14日まで
💰 無料
💻 lamtsuen.com

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-02-27 13:01 | 歴史的建築物 | Comments(5)

昨日ご紹介したセント・アンドリュース教会に行く前に、レンガ造りのクラッシックな建物が見えたので、そちらにも寄りました。


香港に現存している西洋式建築の学校の中で、最も古いといわれる「前九龍英童學校」です。以前は、香港に住む外国の子供向けの初等教育の場所だったそうです。現在は古物古蹟のオフィスとして使われているため中には入れませんでしたが、外から見学することはできます。


f0371533_10241069.jpg



この窓イイ感じです。1900年に何東 (Ho Tung) さんが15,000ドルを寄付し、1902年の4月19日に正式に開校しました。1923年に中央英童學校に名前を変えて中学生も受け入れるようになりましたが、生徒数が増えたため、1936年に何文田に新校舎が移設されました。その後、1948年にまた改名し、英皇佐治五世學校になりました。その間ずっと、こちらの彌敦道 (ネイザン・ロード) の建物は空き家だったそうです。


f0371533_10241874.jpg



第二次世界大戦後は、香港家庭福利會および尖沙咀街坊 (カイフォン) 福利の施設として利用されました。その後、リノベーションをして1992年に「古物古蹟辦事處的辦公室」になって現在に至ります。1991年に「前九龍英童學校」として法定古蹟に指定されました。


f0371533_10242527.jpg



この写真は1989年に撮られたものです。今の建物は素敵ですが、以前の面影はなく、ややリノベーションしすぎた感が否めません。元はレンガ造りではなく、黄色い壁だったことも衝撃的でした。あまりにもビフォーアフターが異なりすぎて、法定古蹟のあるべき姿としてどうなんだろうかとワタクシの中ではちょっとした詐欺容疑です。


f0371533_16363104.jpg



中はこのような感じだそうです。校舎は典型的なビクトリア建築ですが、香港の気候に合わせ、広いベランダや高い天井が設けられ、勾配屋根が採用されています。


f0371533_10243239.jpg



現在はこのように古物古蹟弁事處として使われています。一般開放は金曜日の午後3:45から、広東語のツアーのみです。


古物古蹟辦事處辦 Antiquities and Monuments Office

f0371533_10243804.jpg



外から見るだけなので、滞在時間は5分もあれば十分です。交通の便がよいので、観光のついでにいかがでしょうか。尚、香港に現存する西洋式建築の学校は全部で6校あります。その内の1つである英皇書院 (King’s College) はこちらからご覧いただけます。


< 前九龍英童學校Former Kowloon British School >
🏢 尖沙咀彌敦道一百三十六號/136 Nathan Road, Tsim Sha Tsui
🕐 9:00-18:00
💰 無料
💻 http://www.amo.gov.hk/en/monuments_45.php

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-02-09 16:54 | 歴史的建築物 | Comments(0)

今日はお天気も良く、気温も上がったので尖沙咀の彌敦道 (ネイザン・ロード) にあるセント・アンドリュース教会に行きました。1906年に完成したビクトリア・ゴシック建築様式の建物で、二級歷史建築に指定されています。イングランド国教会です。敷地内は香港一の繫華街、尖沙咀とはとても思えない静かさで、なんだか穏やかな気持ちになれる場所です。教会の建物は小高くなった場所にあるので、ネイザン・ロードからは見えません。入り口はこんな感じです。


f0371533_21132927.jpg



階段を上がると教会が見えてきます。レンガ造りに白いアーチが素敵です。


f0371533_21135194.jpg



上から見ると十字型になるように造られています。


聖安德烈堂 St Andrew's Church

f0371533_21140443.jpg



教会が完成したのは1906年ですが、建設が始まったのは1904年です。当時、香港で最も影響力のあった資本家のチャトチック・パウル・チェイターの援助で建てられたので、彼の名前が残っています。


f0371533_21200334.jpg



教会の入り口は4か所あり、全て解放されています。入ってすぐにあるステンドグラスが美しくて、見惚れました。


f0371533_21203601.jpg



1度フラっと寄って素敵だったので、今回また訪れました。いつも誰もいない教会です。心の中で「お邪魔します」と挨拶をしてから、ゆっくり見学させていただきました。


f0371533_21204390.jpg



こちらが正面のステンドグラスです。細かいデザインです。


f0371533_21273269.jpg



こちらはそのお向かい、お祈りする人が背を向ける方の壁にあるステンドグラスです。この教会は第二次世界大戦中、日本軍が司令室と神社として使用していたそうです。こういうのを聞くと複雑な気持ちになります。


f0371533_21274444.jpg



お昼過ぎに伺ったのですが、太陽の光が反射して綺麗な色を際立たせていました。お天気が良い時に行くのがおすすめです。


f0371533_21275387.jpg



窓はこじんまりとしていますが、発色が強いステンドグラスなので見応えがありました。お魚さんが可愛いです。


f0371533_21280059.jpg



教会の隣には牧師が以前に居住していた家屋があります。今は外国人労働者の支援に使われているようです。


舊牧師樓 Old vicarage

f0371533_21280732.jpg



敷地内にはベンチと日除けがある小さな公園もあります。とても静かなので、クリスチャンではないですが、近くに行くことがあればまたちょっとお邪魔したいなァと思いました。でも礼拝がある時 (日曜 8:30, 9:30, 11:30, 17:00) は、もしかすると混んでいるかもしれません。


f0371533_21281584.jpg


それほど大きな教会ではないので、所要時間は15分くらいあれば十分だと思います。なお、ここから歩いて2-3分の所にも法定古跡に指定されている歴史的建造物があります。よろしければ合わせてお読みください。


< 聖安德烈堂 St Andrew's Church >
🏢 九龍尖沙咀彌敦道138號/138 Nathan Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon/
👣 佐敦駅D出口から彌敦道を尖沙咀方向に徒歩約10分
📞 2367-1478
💰 無料
💻 www.standrews.org.hk

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-02-08 22:07 | 歴史的建築物 | Comments(2)

西營盤 (サイインプン) をぶらりお散歩していたら、グレーの柱に赤レンガが目を惹くオシャレな建物を見つけました。なかなか現代建築にはない感じのデザインで、雰囲気的にイギリス統治下時代の歴史的建造物かなァと思いました。


f0371533_17171121.jpg



ふ~んと通り過ぎようと思ったら、噴水のある可愛らしい中庭も見え、ちょっと気になりだしました。


f0371533_17171809.jpg



歩き続けると College という文字が見えました。ここ一角だけ中華っぽさゼロで、イギリスのようです。「キングズ」というお名前からも正統派英国系のお上品な学校のようにお見受けいたしました。


英皇書院 Kings College

f0371533_17173893.jpg



正面玄関は狭いですが、円形のポーチが素敵です。存在感があります。


f0371533_17174469.jpg



壁に黄金色に輝くプレートを発見しました。なんと法定古蹟に指定されている建物でした。香港の街中を歩いていると、このように法定古蹟に遭遇することがたまにあります。説明によると1926年にできた現役の有名男子校だそうです。咄嗟にかっこいい人いるかなァと周りを見回しましたが、いませんでした。香港にはなかなかハンサムな人がいないなァ(←失礼です)。


f0371533_17175006.jpg



香港では2番目に長い歴史を持つとても優秀な学校で、卒業生には著名な方が多いそうです。やはり天は二物を与えず・・(←だから失礼です)。


f0371533_17175659.jpg



いかにも将来のエリート達がいそうな風格が漂う外観です。単純ですが、法定古蹟の黄金プレートを見た時からそういう目で見るようになってしまいました。ブランドに弱い凡人のワタクシです。


f0371533_17180658.jpg



こちらの階段からは教会が見えました。帰ってから調べてみたら、こちらも有名な建物だそうです。この辺りは見どころ満載なエリアのようなので、また機会があれば歩いてみたいと思います。


禮賢會香港堂 Chinese Rhenish Church Hong Kong

f0371533_17181458.jpg



現役の学校なので恐らく中には入れないと思うのですが、外から見るだけでも満足の素敵な建物でした。


f0371533_17182127.jpg


こちらの英皇書院は、香港大学と同じ通りにあります。もしご興味がおありでしたら、是非合わせてどうぞ。頭がよくなった気分が味わえるかもしれませんし、味わえないかもしれません。


尚、香港に現存する西洋式建築の学校は全部で6校あります。その内の1つである前九龍英童學校 (Former Kowloon British School) はこちらからご覧いただけます。

< 英皇書院 Kings College >
🏢 般咸道63A號/King's College, 63A, Bonham Road
👣 西營盤駅C出口から徒歩約5分
📞 2547-0310
💻 http://www.kings.edu.hk/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-01-13 18:19 | 歴史的建築物 | Comments(0)

法定古蹟として登録されている1881ヘリテージ。お買い物などで何度か行ったことはありましたが、中にギャラリーがあることは知りませんでした。中央のこちらが正式な入り口です。てっきり高級宝飾店の入り口かと思っていました。


f0371533_11423879.jpg



先日、2階部分にギャラリーへ通じる小さな入り口を発見したので入ってみました。見学が終わって外に出たら上の写真のエントランスでした。中にはいろいろな資料があり、1884年に完成したのに1881ヘリテージという名前なんだなァなどと新しい発見がありました。


f0371533_11425350.jpg



中がレンガ造りで素敵でした。なんだかお洒落なワイン蔵のような感じです。


f0371533_11424691.jpg



と思ったらこちらのトンネルは1941-1945年の間、日本海軍の基地として使われて、その時にできたものだそうです。良い雰囲気でロマンあふれる感じだと思っていましたが、母国が関係する歴史を目の当たりにして、何とも言えない気持ちになりました。


原址重修的舊防空洞 Restored Historic Tunnel

f0371533_11431287.jpg



信號炮は時計玉のそばにあったそうです。1907年にロケット信号弾が使われるようになって引退しました。


信號炮 Typhoon Gun

f0371533_11430670.jpg



重建原有的花崗岩牆 Granite Wall Reconstructed with Original Granite Blocks


f0371533_11425953.jpg



1881ヘリテージには他にもいくつかの歴史的建築があります。パンフレットの表紙が素敵だったので、切って写真入れに入れても良さそうだなァと思いましたが、思っただけです。


f0371533_15005962.jpg


知れば知るほど見どころ満載の1881ヘリテージです。

< 1881 Heritage >
🏢 尖沙咀廣東道2A號/No.2A, Canton Rd, Tsim Sha Tsui
👣 尖沙咀駅E出口からSalisbury Roadへ進み、右に曲がる。YMCAの隣のトンネルを通って1881へ。
📞 2926-8000
💻 www.1881heritage.com

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-01-06 15:16 | 歴史的建築物 | Comments(0)

初詣をしないと何となく落ち着かないので、香港最大級の道教寺院である黄大仙 (ウォン・タイ・シン) に行きました。道教は、儒教・仏教と並ぶ中国三大宗教 (三教) の1つです。


嗇色園黄大仙廟 Sik Sik Yuen Wong Tai Sin Temple

f0371533_20071729.jpg



お正月ですが、思ったより混んでいませんでした。やはり香港の人は、旧正月がメインなんだと実感しました。


f0371533_20074706.jpg



有名な僧侶ウォン・タイ・シンを祀っているお寺です。黄大仙はなんと「すべての望みを叶える」そうです。パワフルだなァ。


f0371533_20091964.jpg



恋愛の神様である「月下老人」も祀られていています。普通のお祈りは手のひらを合わせますが、こちらの手の組み方はちょっと複雑です。


f0371533_20100572.jpg



左側に赤い糸があるので、それを使います。中央でお祈りした後、手はそのままで、目をつぶって、女性は右側の男性の像へ、男性は左側の女性の像へ進みます。そして手に持った赤い糸で像の足に触れ、その像と中央の月下老人の間に赤い糸を結びます。


f0371533_20130340.jpg



奥にある公園は人も少なく、静かで平和な感じです。お寺の敷地内は中国ムード満点の音楽が流れていて、まるで中国にいるみたいです。


f0371533_20132658.jpg



不思議な形の岩に囲まれた滝もあります。


f0371533_20133644.jpg



お正月向けにいろいろな願いが書かれたおめでたい感じの板が立っています。それぞれの願いの前で写真を撮っている人がたくさんいました。これは合理的だな。


f0371533_20134447.jpg



お寺の外にはお土産屋さんが軒を連ねる一角があります。お守りなどが売られています。


f0371533_20135269.jpg



その奥は占い屋さんがたくさん入ったビルです。空いていたので運勢でも見てもらおうかなァと思いましたが、お店がありすぎてどこを選んでよいのか分かりません。お店選びは大切だろう!と思い、呼び込みをしていなくて、携帯をいじっていなくて、派手じゃないお店にしようと2階建てのビルを隅から隅まで2周してしまいました。日本語を話せるお店は大抵呼び込みが激しくて、あまり占って欲しくないなァと思ってしまうほどでした。


f0371533_20135965.jpg



全部で128店舗!星が付いているのは英語可のお店です。結局、1階の裏の端っこ、穏やかで優しそうなおじいさんのお店に決めました。料金が明確に壁に貼られているところも良いと思いました。手相占いと顔相 (人相) 占いがありましたが「顔の方がいろんなことが見えるよ」とのことで、顔相占いにしました。


f0371533_21542495.jpg


占ってもらうには生年月日と生まれた時間が必要です。生まれた時間はなくても大丈夫ですが、あった方が詳しく占えるそうです。10年ごとに運勢を見るそうで、0-9歳, 10-19, 20-29, 30-39... 80-89歳まで占ってくれました。それ以上は通常占わないそうです。だいたい15分くらいで150ドル (2,156円) でした。思ったより詳しく見てくれて満足です。人に恵まれ、大した病気をすることなく長生きすると言われ、ハッピーな初詣になりました。

< 嗇色園黄大仙廟 Sik Sik Yuen Wong Tai Sin Temple >
🏢 九龍黃大仙竹園村二號/2, Chuk Yuen Village, Wong Tai Sin, Kowloon
👣 B2出口から徒歩約3分
📞 2327 8141
🕐 7:00-17:00
💰 無料
💻 www.siksikyuen.org.hk

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-01-03 22:36 | 歴史的建築物 | Comments(0)