カテゴリ:香港から行く海外旅行( 60 )

昨日からの続きです。



今回はミュージアムパスというものを利用しました。2日間、美術館や史跡探訪に無制限に使えるフリーパスで、入場も優先レーンから入れます。香港で前もってオンラインで予約・購入しておき、パリに到着後、ルーブル美術館のそばにあるパリ・シティヴィジョンの事務所に取りに行きました。チケットを入手したら早速、シテ島方面に向かいます。


f0371533_16595396.jpg



まず、巡礼路関連遺産として世界遺産に登録されている「サンジャックの塔」に行きました。パスカルが大気圧の実験をした地としても有名ですが、実物は曇り空のせいもあってか、どよーんとしていて、これだけかァという感じの塔でした。


Tour Saint-Jacques
f0371533_00404133.jpg



ノートルダム大聖堂の脇の橋を渡ってシテ島に入ります。シテ島はその昔、王の住居だった場所で、その後役所などが設立され、長い間、政治の中心地だった場所です。


Notre-Dame
f0371533_00421779.jpg



セーヌ川に沿って伝統的な「ブキニスト (bouquiniste)」と呼ばれる古本屋、兼お土産屋さんが軒を連ねます。ブキニストは世界遺産にも登録されています。次はミュージアムパスで入ることのできるかつての牢獄「コンシェルジェリー」に向かって歩きます。


f0371533_00424760.jpg



コンシェルジェリーはサンジャックの塔から徒歩で10分程です。入場用にスタンションが並べられていましたが、並んでいる人はいませんでした。かつての牢獄なんて誰も興味ないのかなァと思いましたが、確かにコンシェルジェリーがミュージアムパスに入っていなかったら、わざわざ来ていなかっただろうと思います。でもさすがフランス、中に入ってみたら香港の新観光スポット「大館」とは桁違いの年季と怖さでした。マリーアントワネットが投獄されていた部屋にも入ることができます。所要時間は45分くらいだと思います。


Conciergerie
f0371533_00434697.jpg



本当に見たかったのはそのお隣にある「サント・シャペル教会」です。並んでいましたが、ミュージアムパスで列の先頭まで行くことができました。並んでいる外国人観光客から突き刺さる視線が痛いです・・でもちゃんとミュージアムパス保持していますから!


Sainte Chapelle
f0371533_01092595.jpg



こちらのステンドグラスは一見の価値があります。見学できる範囲は狭いので15分くらいの滞在でした。


f0371533_01074041.jpg



外に出ると、パレ・ド・ジュスティス (司法宮) の前に出る見学ルートです。


Palais de Justice
f0371533_01095512.jpg



歴史的建造物、美しく装飾された木造の橋、そこを流れるセーヌ川に石畳の道・・パリにいるなァと実感できる景色が続きます。


f0371533_21030559.jpg



パリに現存する最古の橋「ポンヌフ」を過ぎて・・


Vedettes du Pont Neuf
f0371533_21052314.jpg



のんびりと1時間くらいフラフラと歩きながら、街を探索します。疲れたのでマドレーヌの有名なお店でお茶をしました。お店はアンジェリーナ本店の並びにあります。アンジェリーナは外まで人が並んでいて、さすがの人気でした。


f0371533_21391414.jpg



休憩後、歩きを再び開始。高級なお店が並ぶショッピング・エリアに出ました。ファッション誌の撮影と思われる場面にも何度か遭遇しました。秋服を颯爽と着こなしているモデルさんを見ながら、ジブンの短い足を残念に思いました。


f0371533_21274009.jpg



だいたいパリは人々のスタイルが良すぎて、お店もお洒落すぎます。実際は、街も川も汚いのにさー。そんなことを思いながら、パリ国立オペラの前を通って・・


Opera National de Paris
f0371533_21291584.jpg



徒歩20分くらいで「マドレーヌ寺院」に着きました。神殿みたいな見た目とその大きさに圧倒されます。人が少なくてのんびり静かに見学できます。


L'église de la Madeleine
f0371533_21504194.jpg



教会正面を背に左前方にマスタードの老舗 'Maille' があり、紅茶 'Mariage Freres'、雑貨の 'Zara Home'、その他キャビアの専門店やチョコレート屋さん、高級デパートなどもあります。

f0371533_21564138.jpg


香港情報はこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-07-21 22:32 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)

ちょっとフランスに行きました。航空券を予約した時にフライト時間が13時間とあったので覚悟して、いろいろと機内に持ち込みましたが、実際は11時間半だった上に結構寝たので、機内手荷物だけが無駄に重いという結果となりました。


f0371533_23172097.jpg



初めてエアフランスに乗りました。シートはエコノミー席の1番前が取れたので、足元が広くて快適でした。日本語の映画もたくさんあって良かったです。定例会議に参加する出張のためビジネスクラスで飛んだオットの食事と、その出張について行ったワタクシの食事は、まるで王様と使用人のような差でした。


f0371533_23180064.jpg



早朝に着くスケジュールだったので、到着後すぐにお部屋に入れるよう前日から予約していたのですが、オーバーブッキングでそのお部屋が他の人に使われていました。部屋代は払い戻され、別のお部屋が空くまで待つしかありません。でもお詫びとして泊まるお部屋がアップグレードされた上に、無料でお食事をいただけました。旅にハプニングはつきものです。


f0371533_23214721.jpg



その後オットは働きに出かけ、ワタクシは観光に出掛けました。まずはホテルから歩いて5分くらいのエリゼ宮へ。中には入れないので、外から眺めます。


Palais de l‘Elysée
f0371533_23202460.jpg



そこから歩いて10分くらいのところにある「グラン・パレ」に向かいます。グラン・パレは、パリの8区にある大規模な展覧会場・美術館です。外から見学しただけですが、柱が高くて、細かい彫刻も施してあって壮大な眺めです。


Grand Palais
f0371533_23230757.jpg



そのお向かいが「プティ・パレ」、こちらも美術館です。パリは街中がこんな感じなので、どれが本当に歴史的に価値のある建築物なのか分かりません。個人的にはパリはちょっと装飾がゴテゴテしすぎだなァと思っております。すぐにおなかいっぱいになる感じです。


Petit Palais
f0371533_23241224.jpg



てくてく歩き続けて、プティ・パレと同時期に建てられたアレクサンドル3世橋に着きました。シャンゼリゼ通りの1本裏にあるホテルを出てから、ここまでは約20分くらいです。お散歩にもちょうど良いカラッとした気候でした。


f0371533_23260130.jpg



橋の先にはチュイルリー公園があります。木陰の多い大きな公園です。カフェがあったので、そちらでお昼にしました。日陰に入るとちょっと肌寒いくらいです。


Jardin des Tuileries

f0371533_23261198.jpg



公園を過ぎると「ルーブル美術館」です。こちらには去年行ったので、今回はピラミッドやカルーゼル凱旋門の前を通るだけにしました。


Musée du Louvre
f0371533_23262382.jpg



その後、モンマルトルの丘まで地下鉄で移動しました。モンマルトルは映画「アメリ」のロケ地にもなった場所で、有名な寺院「サクレクール寺院」があります。テルトル広場という観光地もあり、通りにはクレープ屋さんやお土産屋さんなどがあり、似顔絵画家さんもたくさんいます。


Basilique du Sacre Coeur
f0371533_00005665.jpg


この日は着いたばかりで疲れていたので、この後はホテルに戻って休みました。以上は3時間くらいでまわれました。パリ観光の詳しい様子は去年のこちらの記事でご覧いただけます。


他の香港情報はこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-07-20 23:59 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)

香港からキャセイ・ドラゴン航空で1時間15分、中国の三亜 (サンヤ) 市に行ってきました。海南島の最南端に位置していて、ハワイとほぼ同緯度ということから「東方のハワイ」とも呼ばれています。


f0371533_22161154.jpg



温暖な気候で、綺麗な海に囲まれた中国有数のビーチリゾート地です。冬でも平均気温20℃を下回らないので、中国の北方や、ロシア、韓国からたくさんの観光客が訪れるそうです。街の看板やレストランのメニューなどにはロシア語の併記が多く見られました。


f0371533_22171316.jpg



「アナンタラ三亜リゾート (三亚半山半岛安纳塔拉度假酒店)」に泊まりました。1歩踏み入れた瞬間から、中国式なインテリアが素敵でした。三亜鳳凰国際空港からタクシーで40分くらいですが、タクシーはシートベルトがなくて、ちょっと怖かったです。


f0371533_22182847.jpg



広々とした客室でした。目の前にはビーチが広がり、ホテル内には屋外スイミングプールやスパ、3軒のレストラン・バーがありました。ホテル内の図書館で雑誌やゲーム、映画などが借りられるので、退屈はしません。


f0371533_22175911.jpg



ベランダもかなり広く、香港よりカラッとした陽気なので、日中はほぼベランダで過ごしました。時々スコールも降りましたが、基本的には良いお天気でした。


f0371533_22191429.jpg



ベランダからの風景はこんな感じです。ハワイってこんな感じでしょうか?行ったことがないので分かりません。


f0371533_22201478.jpg



昼間は暑かったので、夕方になってからビーチに行きました。ピークは冬なので、今の季節は人も少ないです。ビキニの人どころか、若い子もほぼ見かけず、見かけるのは中国の中年太りのオジサンばかり・・。ちょっと想像していた南国の雰囲気って感じではなかったです。


f0371533_22205954.jpg



でもずーっと続く白い砂浜には綺麗な貝殻や変わった形のサンゴがたくさんあって楽しかったです。ヤシの木もたくさん茂っていて、夕日に当たった影が美しかったです。


f0371533_22214414.jpg



水は透き通っていて、とても綺麗でした。個人的にはハワイより、沖縄という感じでした (←ハワイに行ったことがないだけ)。


f0371533_22221375.jpg



ホテル周辺にはコンドミニアムがたくさん建っていましたが、人が住んでいる気配が全くなく、ゴースト・タウン状態でした。お店も90%くらいは閉まっていましたが、2つあるスーパーは両方とも開いていたので助かりました。


f0371533_22225400.jpg



唯一のファストフード店、ケンタッキーに興味深いポテトが。これは試すしかありません。


f0371533_22230326.jpg



ポテトはイマイチでしたが、別に頼んだ「老北京鶏肉巻」というラップが意外に美味しかったです。細切りキュウリと白髪ねぎに海鮮ソースで、ほぼ北京ダックでした。「これは自宅で作ってみよう」と思いました。


f0371533_22231627.jpg



自然景勝地もいくつかあります。別の日の夕方、ホテルから車で10分くらいの鹿回頭公園に行ってみました。山頂にはリー族の伝説に登場する鹿と少女の巨大な像がありました。


鹿回头 The Deer Turns

f0371533_22235042.jpg



強風でしたが、三亜を一望できました。


f0371533_22250189.jpg



三亜湾に建設されたこちらは、「鳳凰島」という人工島です。


鳳凰島 Phoenix Island

f0371533_22250921.jpg



鹿回头はその伝説からも、どうやらカップルのデートスポットらしく、月下老人も真っ赤に祀られていました。こんなに願われては重荷だろうなァと思いました。


月下老人 Match Maker

f0371533_22252213.jpg



像の所まで来たら、裏に青年もいました。シカさんの首が辛そうです。


f0371533_22253157.jpg



公共バスに乗って、夜のマーケットを見に三亜の街にも行きました。人が多くて「ここは中国なんだなァ」と実感しました。レストランに行ったら「お店で頼むこともできるけど、市場に一緒に行って魚を選んでメニューを組み立てることもできるよ」と言われ、数名のお客さんと一緒に、お店のお姉さんについて鮮魚マーケットに行きました。


f0371533_22255153.jpg



かなり大規模なマーケットで、あまりにも人の数が凄すぎました。観光客と分かって高い金額を言ってくる魚屋さんに、レストランのお姉さんは「ここでは買わない」と言って、全員を別のお店に連れて行き、そこでも高くでも買わないと諦めずに交渉してくれ・・というのを5軒くらい繰り返したところで、人に酔ってしまい「もう新鮮で安い海鮮なんてどーでもよい」と力尽きました。とても良いお姉さんでしたが、そっとその一行から離れ、普通のレストランに行くことにしました。


f0371533_22260206.jpg



海南島と言えば、ハイナン・チキンライスです。蒸し鶏に生姜を乗せていただくチキンライスはここが発祥と言われています。なので、海鮮とハイナンチキンを頼みました。全体的に大雑把なお味でした。中国はだいたいどこも食べ物が美味しい印象でしたが、こちらは残念ながらあまり美味しくありませんでした。


f0371533_22261004.jpg



三亜は香港ほど発展していないので、海・プール以外にはあまりすることがありません。なので、スパやレストランが充実したホテルの、景色が良いお部屋を選ぶのがおすすめです。食べ物は全体的には昆明の方が美味しかったです。今のところ中国で1番良かったのは昆明です。



香港情報はこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-06-19 22:42 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)

近所のモールに中国行きバスのカウンターができ、香港から中国本土にある複数の都市への長距離バスサービスがあることを発見しました。興味があるところばかりなのですが、まずは手始めに深圳に行ってみることにしました。拍子抜けするほど簡単に行けて、とても楽しかったです。これはちょっと、はまってしまいそうです。


f0371533_16094676.jpg



入国後、まずはイミグレーションからタクシーで10分くらいの街中に行きました。運転も接客も感じ良く、車内も綺麗で快適でした。よく分からなかったので、繫華街まで連れて行ってくださいとお願いしたら「ここら辺でいい~?」と海徳二道 (Hide 2nd Street) にある「海岸城」という大きなモールで降ろしてくれました。周りはデパートだらけです。


f0371533_22431813.jpg



朝7時半に近所のマンション下から出発し、1時間3分でもう深圳です。まだ早すぎてモールも開いていませんでしたが、簡単な朝食を提供している食堂はいくつか開いていました。ただバスに座っているだけで着くなんて、楽ちん過ぎて、なんでもっと早く利用しなかったんだろうと思いました。特に今回行った「深圳湾」は、香港側と深圳側のイミグレーションが同じビルに入っているという特別な国境だったので、とにかく手続きが便利でした。


f0371533_16095526.jpg



そこから少し街歩きをしてから、開いていたマッサージ店に入りました。まだ開店前でお掃除中だったのでメニューだけ見せてもらおうとおもいましたが、快くお店の中に入れてくれました。香港と店員さんの態度が全然違う~!!


f0371533_16100988.jpg



伝統的な中国の全身マッサージをお願いしました。90分で198元 (約3,400円) でした。とても気持ち良かったです。


f0371533_16100205.jpg



すっかり軽くなった体で、足取りも軽く、また街歩きに戻ります。通りは広くて綺麗で、それに近代的でした。


f0371533_16101624.jpg



基本的にはショッピングモールばかりの比較的新しい街という印象です。通りもシンプルに真っすぐで分かりやすく、特に何も計画せずに行きましたが、気ままにぶらぶらできました。


f0371533_16102523.jpg



土地が広い中国。プレイグラウンドも香港ではなかなか見かけない大きさで超楽しそうです。マニキュアやスパのお店も多くて、遠くに行かなくてもこの周辺で1日、充分遊べるなァと思いました。


f0371533_16103104.jpg



お昼はこちらでいただきました。セミアウトドアの小さなお店でしたが、とても美味しくて大満足でした。


f0371533_16104389.jpg



超辛いこちらの麺。基本的にはきゅうりとニンジンだけのシンプルな具なのにどうやったらこんなに美味しくなる?と聞きたくなる旨さでした。


f0371533_16105008.jpg



大好きな涼麺も頼みました。もちっとした平たい麺は、噛めば噛むほど美味しさが出てきます。この暑さに、ニンニクと辛さが効くー!


f0371533_16105629.jpg



スライスされた牛肉も頼みましたが、もう全部辛くて、美味しくてお箸が止まりませんでした。


f0371533_16110356.jpg



激辛ランチだったので、のどを潤すため、次はカフェを探し、行列ができていたこちらのお店に並んでみました。時間に余裕がある旅は、こういう無駄なことにも時間を費やせるので楽しいです。


f0371533_16111162.jpg



このお店の人気メニューは、チーズ味だそうです。店内は若い子で溢れていましたが、(自称、まだ) 若めのオバチャンであるワタクシには、何が良いのかさっぱり分かりませんでした。むしろチーズない方がいいに決まっているとさえ思いました。でも「この味が分からないのはオバチャンだよね~」と思われないよう頑張って飲みきりました。


軽芝桂花烏龍 $22 (¥309)

f0371533_16111991.jpg



延々と続くデパート群にそろそろ飽きてきた頃、こちらの大きな本屋さんを発見!入ってみることにしました。


f0371533_16112857.jpg



中には素敵なカフェがありました。本屋さんの本を持ち込んで、お茶やコーヒーをいただきながら読めるシステムです。チーズよりもこっちでお茶したかったなァ。でも混んでいて席はありませんでした。


f0371533_16113752.jpg



暑いし、疲れたので、また別のカフェに入り、アイスコーヒーを飲みながら、ちょっとうたた寝しました。こういう休日、贅沢だなァと思っていたら、「いつも家でアイスコーヒー飲んで、うたた寝してるじゃない」とせっかくのリラックスに水を差す邪魔が入りましたが、人が淹れてくれる本格コーヒーは全く別物です。そんな感じで夕方までのんびりし、涼しくなってきた頃にそばの公園にも行ってみました。


f0371533_16114892.jpg



生演奏に合わせたカラオケが行われていました。中国の公園に行くとよく目にする光景です。超大音量なのに、みなさんよく耐えられるなァと思っていたら、電光掲示板に騒音レベルを示すデータがありました。気温や湿度なら分かるけど、騒音レベルまで出すところがさすがです。日本騒音調査のウェブサイトにある「一般的な騒音値と感じ方の目安」を見てみたら、この時の音は「うるさくて我慢できない」「地下鉄の車内」レベルでしたが、こちらの電光掲示板には「騒音指数正常」とあるので、中国はレベルが違うなァと思いました。


f0371533_16115703.jpg



その後、ローカルスーパーで家用にお手頃なお土産がないかなァとウロウロしました。ローカルスーパーを歩き回るのってなんでこんなに楽しいんでしょうか。要らないものまで、いろいろと買いました。


f0371533_16122559.jpg



その後、帰りのバスの時間に合わせて少し早めの夜ご飯に行きました。新鮮なお肉を提供していることで有名なお店だそうです。


f0371533_16120626.jpg



その日に運ばれてきたお肉を店頭でカットするため、冷凍肉を使っていません。全部で102元 (約1,770円) でした。


f0371533_16121685.jpg



この後、またタクシーで国境へ向かいました。19:00過ぎのバスでしたが、帰りの交通もスムーズで、自宅まで1時間15分くらいで着きました。我が家は田舎の方にあるので、尖沙咀に出るのに1時間半くらいかかるのですが、もはやそれより近い感覚です。また気軽に遊びに行きたいと思います。


f0371533_22382258.jpg


他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-05-27 23:17 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)

我が家周辺のしつこい霧がやっと消えました。数日間続いた、こちらからの↓


f0371533_15322471.jpg



コレなので、だいぶスッキリいたしました。その代わりに、海から雲海みたいなものが流れ込んできました。何度も何度もくるので1時間おきに写真に撮り、興味深く観察しました。でも変な人と思われたら困るので写真披露は控えたいと存じます。


f0371533_18422493.jpg




旧正月休暇はマカオに遊びに行きました。初日はお昼頃にマカオに到着したので、ホテルに荷物を置いて、すぐにランチに出掛けました。ホテルの人におすすめされた地区で、マカオの家庭料理をいただきます。お値段もリーズナブルで、ちょっと香港の住家菜に似ていました。


f0371533_12464052.jpg



この日は雨で寒かったのですが、傘を差しながらマカオ観光の目玉をまわりました。去年行った時にも記事を書いているので、ご興味がおありの方は、こちらからご覧いただけます。




夜ご飯は、宿泊先ホテルに隣接のフィッシャーマンズ・ワーフに行きました。屋外ですが、屋根があるので雨でも問題ありませんでした。


f0371533_13035911.jpg



ヨーロッパ風の街並みで、夜はライトアップされていて素敵な場所でした。


f0371533_13121737.jpg



ポルトガル料理を食べました。ビールも飲んで全部で431パカタ (約5,700円) でした。ビールやポルトガルワインの種類が豊富でした。フィッシャーマンズ・ワーフはマカオ半島のフェリーターミナルから徒歩約5分なので、マカオを去る前にお食事をするのにも便利な場所だと思います。


f0371533_12494788.jpg

Darling on the Wharf Bistro
🏢 英國館及羅馬館08A號鋪 / Shop 08A of Rome & English Building
🕐 11:00-22:00


次の日は、評判のカフェ「パステラリア・カラベラ」に朝ごはんを食べに行きました。白人さんばかりで外国に来た気分になりました (←外国です)。全部で297パカタ (約3,900円) でした。


f0371533_12481509.jpg

Pastelaria Caravela
🏢 馬統領街7號H金來大廈地舗 / Patio Cmdt. Mata e Oliveira
🕐 8:00〜20:00 / 10:00〜14:00 (日曜)


早速街歩きに出かけます。まずは1894年以前に建築され、現在は、ロバート・トー・ホン図書館として利用されている元ドナ・キャロリーナ・クンハの住居に行きました。1918年に香港の事業家ロバート・ホー・トン卿が購入し、別荘として使用してていましたが、1955年の彼の死後、遺言に従ってマカオ政府に寄贈され、図書館として改築されました。


ロバート・トー・ホン図書館

f0371533_12482528.jpg

🏢 No. 3 Santo Agostinho Square
🕐 10:00-19:00 (月~土); 11:00-19:00 (日曜)


続いて同じくマカオ歴史地区の聖オーガスティン広場に面しているこちらの劇場を眺めながら散策を続けます。アジア初の西洋式の劇場だそうです。


ドン・ペドロ5世劇場

f0371533_12483250.jpg



少し小高くなった場所に教会があったので入ってみました。1803年に創建された教会で、マカオ三大古堂のひとつでした。


聖ローレンス教会

f0371533_12483962.jpg

🏢 澳門風順堂街 / Rua de S. Lourenço, Macau
🕐 8:30-17:00


お次は「本当にここが世界遺産?!」と思わずにはいられないくらい普通の広場でした。


リラウ広場

f0371533_12484537.jpg

🏢 澳門亞婆井街 / Rua do Lilau, Macau


続いて住宅街を歩いていると今度は1889年に建てられた中国人貿易商・盧華詔の邸宅がありました。これまでの世界遺産は全てさーっと見て回る感じでしたが、こちらは中に入ってしっかり見学するタイプの建物でした。入場料は無料です。


盧家屋敷

f0371533_12485355.jpg



こんなに大きいお家を見たのは初めてで、ただただ溜息でした。灰色のレンガを使っているのが特徴です。


f0371533_12490012.jpg



マカオの世界遺産で1番好きだなァと思いました。なんだか落ち着く感じです。

f0371533_12490793.jpg

🏢 澳門大堂巷7號 / No.7, Travessa da Sé
🕐 10:00-18:00 (最終入館は17:30。月曜休館、祝祭日は開館)


盧家屋敷を出て歩いて行くと、お次はイスラム建築が目をひく港務局のビルがあらわれました。現役で使われている政府の建物なので見学できるのは回廊のみでした。

港務局大樓

f0371533_12491428.jpg

🏢 澳門媽閣斜巷 / Calada da Barra, Macau
🕐 9:00-18:00


住宅街の中を歩くので、途中でお店やカフェなどはほぼありません。道は細い部分もあるので、ベビーカーや車いすなどには優しくないなァと思いました。結構な距離を歩いて、やっとお土産屋さんやお店が出てきました。


f0371533_12492174.jpg



マカオの名前の由来になったとされている「媽閣」廟の広場に出ました。マカオで最も古い寺院で、1つの建築の中に儒教、道教、仏教、複数の民間信仰などの異なる神が祀られているそうです。


媽閣廟

f0371533_12492970.jpg

🏢 澳門媽閣街 / Barra Square
🕐 7:00~18:00


時間を気にせずのんびり歩いたので、このスケジュールで半日くらいかかりました (午前9時から12時半くらい)。マカオの端まで来たので、帰りはバスでホテルに戻りました。フェリーまでまだ時間があったので、ネットで評判の良いお店を探してお昼ご飯を食べました。全部で793.1パカタ (約10,400円)、このお値段ならマカオの5つ星ホテルでランチができたなァとも思いました。


f0371533_19010409.jpg

A Baia
🏢 倫敦街88號環宇豪庭地下


帰りはエッグタルトを買って帰りました。1泊2日で世界遺産を満喫した旅でした。今回でマカオ半島の有名どころはまわったので、次回はタイパ島に行ってみたいなァと思いました。なお、今回泊まったホテルはこちらです。

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-05 19:48 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)

旧正月のお休みにマカオの勵庭海景酒店 (ハーバービューホテル) に宿泊しました。4つ星ホテルですが、施設もスタッフの対応も良く、満足の滞在になりました。マカオへは尖沙咀にある中港城 (チャイナフェリーターミナル) から朝10時に出発のフェリーで行きました。ホテルのお部屋に入れるのは午後3時からでしたが、先にチェックインをして荷物も預かってくれました。フロントデスクは混み合わずに、チェックアウトは手続きなしでカードをボックスに入れるだけの簡単なもので、全体的にスムーズな接客でした。


f0371533_18331944.jpg



デラックスというカテゴリーのお部屋に泊まりました。1番下のカテゴリーでしたが、広さも十分、NHKも入っていました。バスルームはこんな感じです。綺麗だなァと思ったら、2015年にオープンした比較的新しいホテルのようです。


f0371533_18335067.jpg



マラッカに引き続き、猫足のバスタブでした。熱いお湯がたっぷり出て、すぐにお風呂ができました。シャワーの水圧もちょうど良かったです。


f0371533_18351331.jpg



特にリクエストはしていませんでしたが、海側のお部屋でした。さすがハーバービューホテルです。


f0371533_18344966.jpg



予約したもう1部屋は、ハーバービューではなく、中庭ビューでした。


f0371533_18353421.jpg



アメニティがロクシタンだったのにはビックリでした。


f0371533_18352010.jpg



禁煙なのにタバコのにおいがしたのですが、言うとすぐにお掃除の方が来てくれてスプレーなどをしてくれました。結局においは取れませんでしたが、素早い対応でした。カジノが併設されていないホテルだからか、静かな環境なのも良かったです。レストランはホテル横のフィッシャーマンワーフというテーマパーク内にたくさんあるので、問題ありませんでした。フィッシャーマンワーフは、ヨーロッパの街並みを再現した落ち着いた雰囲気の場所で、海沿いをお散歩するにも良かったです。ホテルから1番近いカジノ「バビロンカジノ (巴比倫娯樂場)」もそちらにあり、ホテルからは橋でつながっていました。また、お向かいにはラスベガス式の大きなカジノ「サンズ」もありました。


f0371533_18342018.jpg



旧市街まではホテル前から出ている公共バスで10分くらいです。我々は街探索も兼ねて歩きましたが、約45分くらいかかりました。世界遺産などの観光スポットからはやや離れているので、旧市街の地理に慣れていないと短い滞在の場合は少し不便かもしれません。マカオフェリー乗り場 (澳門外港客運碼頭) からは徒歩10分くらい、ホテルのシャトルバスも出ていました。


f0371533_18352781.jpg



< おまけ >
なぜだか今週末は香港各地でいろいろなイベントがあるようです。春だから?

Sai Kung Carnival 3.3 (多分、食べ物系)
場所: Open space outside Tin Hau Temple, Sai Kung
日時: 3月3日 10:00-18:00

HKAPA Open Day (おそらくアート系)
場所: The Hong Kong Academy for Performing Arts, Wanchai Main Campus
日時: 3月4日 10:00-17:00

The 14th Tai Kok Tsui Temple Fair (きっと文化系)
場所: Fuk Tsun Street, Tai Kok Tsui, Kowloon
日時: 3月4日 10:00-21:30


詳しくはこちらをご参照ください。上記の他にもいろいろありそうです。都合が合えば、どれかに行きたいと思います。

< ハーバービューホテル 勵庭海景酒店 >
🏢 澳門孫逸仙大馬路澳門漁人碼頭, 勵庭海景酒店/Harbourview Hotel, Macau Fisherman's Wharf, Avenida Dr. Sun Yat-Sen, Macau
📞 (853) 8799-6688
💻 http://www.harbourviewhotelmacau.com/en

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-02 19:55 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)

今朝起きたら窓の外が真っ白でびっくりしました。雲の中にいるみたいです。去年の3月も霧がすごかったことを思い出しました。昨日は春みたいな気持ちの良いお天気でしたが、これからしばらくは湿気の多い季節が続くのかもしれません。というか、香港はどっちみち1年中湿気との戦いです。


f0371533_11333773.jpg



さて。旧正月のお休みにマレーシアのマラッカとマカオに遊びに行きました。両方とも植民地時代の様子が色濃く残る街並みが、世界遺産に登録されている場所です。マラッカでは歴史的建造物をホテルに改築したマジェスティックホテルに宿泊しました。


f0371533_22303075.jpg



こちらに泊まるのが今回の旅行の1番の楽しみでした。周辺地域の自然や地理的特徴を最大限に生かした小規模高級ホテルを世界8ヶ国に所有するYTLホテルズの系列のホテルです。


The Majestic Malacca 大華酒店

f0371533_22304126.jpg



1929年に建てられた個人の邸宅を改装したホテルです。入り口から入ってすぐのバーもコロニアル風の趣が感じられる造りで、マラッカの古き良き時代を彷彿とさせます。


f0371533_22310675.jpg



お部屋はこんな感じで美しくて静かでした。ひとつひとつのアイテムに老舗のセンスが光っています。将来はこんな寝室にしようと心に誓いました。


f0371533_22313704.jpg



すみずみまで綺麗にお掃除されていて、余計なものは一切置かないシンプルなインテリアです。その居心地の良い空間を一気に日常生活の風景へ引き戻すかのように、テーブルの上にはワタクシの旅のお供、ビオフェルミンと梅肉エキスが写ってしまいました。もっと素敵なサプリとか持ち歩くようになりたいです。


f0371533_22311407.jpg



バスルームにはタイル床に直置きされた猫足のバスタブがありました。こんな大胆なタイル柄、恐れ多くて自宅では絶対に選べません。白と金色に輝くシャワーを見ると、クラッシックな受話器の形をしていたので、とりあえず「しもしもー?」という件をやりました。


f0371533_22312982.jpg



その後、ホテルのライブラリーにも行きました。この雰囲気に完全にノックアウトです。


f0371533_22314626.jpg



こんなお家に住めたらなァ。


f0371533_22310047.jpg



お部屋から見たマラッカの様子です。市街地から車で10分くらい離れています。家が何軒も連なったショップハウスが多いです。


f0371533_22312295.jpg



マラッカ川のほとりに立つホテルなので、夜景はこんな感じでした。


f0371533_22315601.jpg



日差しが強い南国の夕焼けが白亜の外観に映えます。同じアジアとは言え、香港とも日本とも全く異なるマレーシアでした。


f0371533_22304975.jpg


マラッカの世界遺産についてはこちらからご覧いただけます。

< The Majestic Malacca >
🏢 188 Jalan Bunga Raya, 75100 Melaka, Malaysia
📞 +60-6-289-8000
💻 http://www.majesticmalacca.com/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-01 11:53 | 香港から行く海外旅行 | Comments(2)

旧正月のお休みを利用して海外に行きました。その際に空港に新しくオープンしたプラザプレミアムラウンジを利用しました。今回のオープンで出国ターミナルに3つめのラウンジができ、ますます便利に利用できるようになりました。航空会社のラウンジではないので、航空会社も搭乗クラスも関係なく利用できます。運営会社は香港に本社があるサービス提供会社です。プラザプレミアムラウンジは香港国際空港だけではなく、フィリピンやマレーシア、シンガポール、上海などにもあります。


f0371533_17164847.jpg



人気の魚蛋麵 (フィッシュボール・ヌードル) はこちらのラウンジでも健在です。個人的にはこちらのフィッシュボール・ヌードルが香港で1番おいしい魚蛋麵だと思っております。


f0371533_17180283.jpg



注文してから作るので熱々のものをいただけます。いつも麺待ちの人々が並んでいて人気のほどがうかがえます。


f0371533_17181114.jpg



その他のお食事も充実しています。ちょっとしたビュッフェです。

f0371533_17202162.jpg


味付けも特にアジア独特というものでもなく、全体的に食べやすいです。

f0371533_17202931.jpg



チャーハンや点心、麺類など中華風がメインですが、洋食もあります。

f0371533_17230948.jpg



サラダバーも充実しています。

f0371533_17233944.jpg



こちらのクルミのクッキーはとても美味しいので必ずいただきます。

f0371533_17241046.jpg



飲み物も種類豊富です。ビールも3種類くらい置いてあり、Carlsburg (カールスバーグ) はなんとサーバーから自分で生ビールを入れることができます。ビール腹の白人のオジサマたちが嬉しそうにビールを注いでいるのをよく見かけます。


f0371533_17244038.jpg



お腹いっぱいですが、いつもケーキと珈琲でしめます。ちなみにコーヒーの種類も豊富です。


f0371533_17250805.jpg



新しくオープンしたラウンジは1番搭乗口のそばに以前からあるプレミアムラウンジの奥にできました。トランジットに便利な場所にあるので、香港で飛行機を乗り換えされるだけの方でも、さくっと香港のお味をいただくことができておススメです。


f0371533_17260056.jpg


利用方法については下記のウェブサイトか、もしくは以前の記事に書いておりますので、そちらをご覧ください。飛行機を見ながらお食事をされたい方には、こちらのラウンジがおすすめです。

< Plaza Premium Lounge >
💻 http://www.gsa.co.jp/ppl/ (日本語)
💻 https://www.plaza-network.com/ (英語)

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-02-25 22:25 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)

キャセイドラゴン航空に乗りました。2016年11月に「香港ドラゴン航空」からブランド変更したキャセイドラゴン航空、どんな感じになったのか乗る前から楽しみにしておりました。最近では以前のドラゴンの機体はすっかり見かけなくなり、尾翼には赤いブラッシュウィングのロゴ。キャセイの赤いバージョンみたいな感じになっています。


f0371533_17005061.jpg



この日は2-4-2の座席配列でした。個人的には、通路が2本あるワイドボディの機材のほうが圧迫感がなくて安心します。


f0371533_16012437.jpg



ビジネスクラスは席と席の間に壁がないタイプのようです。壁があるほうが個室感があって好きです。と言ってもビジネスクラスで飛んだことは数えるくらいしかありません。


f0371533_16015479.jpg



エコノミークラスに搭乗しました。個人モニター下の小さな棚は、リップクリームなどを入れるのに便利です。シートポケットだと中が深くて見えないので、ときどき小物が迷子になりますが、この小さな棚のおかげでストレスなく小物が収納出来ました。小さなことですが、狭い機内なのでこういう工夫が嬉しいです。


f0371533_16022587.jpg



キャセイと言えば、ハーゲンダッツのアイスクリーム。キャセイドラゴンでも提供されます。だけどフレーバーを選べないことがほとんどです。それに初めからトレイにセットで来るので、溶けやしないか焦ります。以前は食後にアイスクリームを配っていたような・・。添えられているクッキーは美味しいです。


f0371533_16025498.jpg



サラダにキヌアが出るなんてお洒落です。そんなに好きではないですが、意識高い感じなので頑張って食べます。


f0371533_16034011.jpg



とまぁ機内食はこんな感じでした。


f0371533_16041256.jpg



チョコレートマフィンは美味しかったです。


f0371533_16040687.jpg



キャセイドラゴン航空誕生からすでに早1年。月日が経つのは早いです。


以前乗った中国東方航空もなかなか良かったです。

< Cathay Dragon >
💻 https://www.cathaypacific.com/cx/en_HK/cathaydragon/introduction.html?switch=Y

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-02-05 16:40 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)

1日目からの続きです。中国広東省は飲茶発祥の地なので、本場の飲茶を食べに行きます!


広州東駅から徒歩約5分のこちらのお店は「羊城餐飲名店」、「廣州十大名點」、「中國品牌榜最具影響力品牌」など様々な賞を受賞している有名店だそうです。こちらの人気メニューは蜜汁叉烧包と聞いて、早速お願いしました。


08:30 點都德 和兴楼

f0371533_18093450.jpg



一品一品のサイズが大きいです。正直、そんなに美味しいというほどでもなかったです。期待が大きすぎたのかもしれません。特に蝦は香港のものの方が大きくてプリプリだなァと思いました。


f0371533_18100430.jpg



ごはんの後は、レストランからタクシーで約30分ほどの「嶺南印象園」へ。大学や学生寮が集まる島の中にあります。いわゆる嶺南文化のテーマパークで、独特な形の屋根が特徴の嶺南様式建物や文化を見ることができます。入場料は、60元 (約1,040円) でした。


10:30 嶺南印象園 Lingnan Impression Park

f0371533_18165829.jpg



古い建物なのでエレベーターもなし!


f0371533_18194917.jpg



中国雑技団のようなパフォーマンスも園のところどころで見ることができます。


f0371533_18184837.jpg



f0371533_18191922.jpg



半日もあれば見終わる規模です。その後、タクシーでホテルへ戻ります。昨日に続き、また芋圆を食べに行きます。ラーメンどんぶりで出てくるのが嬉しい悲鳴~ Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


f0371533_18201818.jpg



中国茶のお店もたくさんあります♡飲んだことのない「斋四季春」14元 (約240円) というお茶を飲みます。すっきりしてジャスミン茶みたいなお味でした。中国のお茶屋さんのカップは質が良いです。ちょっとしたタンブラーみたいな感じで捨てるのが惜しいくらいです。


f0371533_18204088.jpg



食べ疲れしていたので、夜ご飯はベジタリアンのお店へ←それでも食べる。左から時計回りに、鴨肉、涼皮、揚げ豆腐、ビーフステーキ・黒こしょうソースです。全てお野菜で作られています。ビーフステーキは本物のお肉との違いが分からないほどでした。全部で189元 (約3,280円) でした。


f0371533_18204951.jpg



次の日は、地元の小さなごはん屋さんで朝ごはんを食べました。酸辣麺、牛肉麺、チキンライス、全部で53元 (約920円) でした。その後、お散歩してから、ホテルに戻り、チェックアウトします。


f0371533_18205843.jpg



14:04 広州東駅 出発
16:00 紅磡 到着

あっという間の3日間でした。広州市内はよくある都会なので、イマイチ面白みに欠けましたが、香港に住んでいる間に行くことができて良かったと思います。逆に日本からだったら、わざわざ行くほどでもないかなァというのが個人的な感想です。


香港情報はこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2017-11-16 15:56 | 香港から行く海外旅行 | Comments(0)