カテゴリ:街歩き( 51 )

ヴィクトリア・ハーバーの九龍側にかつてあった旧香港國際機場「啟德機場」に遊びに行きました。現在はクルーズ客船のターミナルとして使われていますが、以前は「世界で最も危険な空港」の1つに選ばれたこともある有名な空港でした。「世界で最もなんとか」シリーズに弱いので、そんなこと言われたら気になります。


f0371533_15453720.jpg



啓徳空港は1998年に現在の国際空港が完成したのち、閉港しました。そして閉港から15年後の2013年にこちらのクルーズ・ターミナル「啟德郵輪碼頭 (Kai Tak Cruise Terminal)」が開業しました。


f0371533_15474101.jpg



さすが元空港だけあって、見晴らしが良いです。実際、かなり曇っていますけども。


f0371533_15455151.jpg



この啓徳空港を「世界一」にしたものは何か?それは、滑走路 (13/31、南東/北西) へのアプローチだったそうです。航路の都合上、着陸直前に香港カーブと呼ばれる90度ターンを決める必要がある難しいルートだった、と資料にありました。


f0371533_15455911.jpg



しかも周辺は山や丘に囲まれています。空港のすぐ横にはビクトリア港もあり、何かあったら大惨事となるロケーションにありました。今の空港への着陸も「山が近くて怖いなァ・・」といつも思っているのに、以前は建物まで近い上に急カーブ・・考えただけでもう嫌です。


f0371533_15460569.jpg



実際、海にはみ出したりしていたようですが、パイロットがかなり慎重になるので、山や住宅地に突っ込むことはなかったそうです。壁にたくさんの写真と資料があり、勉強になりました。


f0371533_15461145.jpg



クルーズターミナルの先端は近未来的でした。芝生が広がっているので、晴れた日にはピクニックなどしたいなァと思いました。


f0371533_15461808.jpg



ターミナルのすぐお隣りには「ランウェイパーク」もあります。その名の通り、元滑走路があった場所です。香港カーブの滑走路「13」番が地面に記されていたり、最終便の際に管制官が発した “Goodbye Kai Tak, and Thank You.” が刻まれた銘板もあるので、航空ファンにはたまらないと思います。


f0371533_15462921.jpg



屋上にも公園があり、1周すれば九龍半島や香港島など360°の景色が楽しめます。しかも混んでいないので超おすすめです。ガーデンや噴水、香港では貴重な芝生の広場、お洒落なカフェやレストランもあり、リラックスできます。綺麗なお手洗いもたくさんありました。


f0371533_15463562.jpg



九龍塘では航空規制のため、建物の高さは12階までと制限されていたそうですが、現在では高層ビルがにょきにょきと建ち並んでいます。また、空港の着陸誘導灯も無くなったため、市街地でのネオンサインの点滅にもゴーサインが出たそうです。ちょっと前のことだけど、香港の人たちには大きな影響を与えた場所と出来事だったんだなァと思いました。


f0371533_15464489.jpg


< 旧啓徳空港跡地 Kai Tak Cruise Terminal >
🏢 九龍啓德承豐道33號啓德郵輪碼頭/Kai Tak Cruise Terminal Building at 33 Shing Fung Road, Kowloon
👣 九龍湾駅からミニバス86番バス/觀塘駅から5R番バス
🕐 7:00-23:00 (ルーフトップパーク)
💰 無料
💻 http://www.kaitakcruiseterminal.com.hk/
💻 https://www.cad.gov.hk/english/kaitak.html

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-04-17 13:30 | 街歩き | Comments(0)

近所のユニクロに「UNIQLO×Marimekko」の新製品をチェックに行きました。Tシャツやワンピはまだたくさんありましたが、バッグはもう1つしか残っていませんでした。さて。セントラルにある香港中央郵便局「香港郵政總局」に行きました。場所は点々としていますが、1841年から営業している歴史ある郵便局です。普通の郵便局は日曜・祝日は営業していませんが、こちらのオフィスは日曜・祝日も開いているので便利です。


中環郵政總局 Hong Kong General Post Office

f0371533_16025125.jpg



営業時間は以下の通りです。ややこしいですが、日曜・祝日の営業はお昼からです。郵便の種類によっては受け付けていなこともありますので、ご利用の際は、念のためご確認いただけますようお願いいたします。

平日、土曜 8:00 am - 6:00 pm
日曜、祝日 12:00 pm - 5:00 pm


f0371533_16034904.jpg



こちらはパッと見た感じ何か分からないけど、ポストです。目的地と輸送方法によって入れる場所が「本地=国内」「空郵=海外エアメール」「平地=海外船便」と異なります。


f0371533_16035854.jpg



地上階には香港ポストのオリジナル商品が購入できるお店もあります。郵政總局の地下にある郵展廊 (Postal Gallery) では、随時、展覧も行っています。現在は「香港景色-Hong Kong Scenery」という切手の展覧会が開催中です。


f0371533_16042654.jpg



今年の記念切手なども販売されています。この間遊びに来た友人が「お姉ちゃんの旦那に現地の切手をお土産に頼まれたから買いたい」というので、調べさせられたので知っています。使えないと思っていた知識が、今役に立って良かったです。


f0371533_16043507.jpg



こんなのも売っていました。隙間に封筒を通して、郵便物のサイズを測るアイテムです。マニアの方が買うのでしょうか?220ドル (約3,000円) もしました。


f0371533_16044534.jpg



私書箱のエリアがインスタ映えするようで、若い子たちの撮影スポットになっていました。


f0371533_17445949.jpg



全く若いモンの考えることは・・最近は何でもインスタ映えだなァ。


f0371533_17453862.jpg



ワタクシが撮ってもこのように全く映えませんでした。なお、撮影スポットはたくさんありますので、場所取りで争うことはありません。


f0371533_17460815.jpg



その場所から見えるお隣のビル。この丸い窓が特徴的なビルは「ジャーディン・ハウス」です。52階建ての超高層ビルで、1972年に完成しました。アヘン戦争や香港上海銀行の設立にも深く関わりのあるジャーディン・マセソン社のビルです。香港の方に聞いた話によるとそういったあまり良くない歴史と、ユニークな窓の形から、ワタクシの口からはちょっと言えないようなあだ名が付けられているそうです。


怡和大廈 Jardine House

f0371533_17440451.jpg



香港の郵便制度については、こちらからご覧いただけます。


現役の郵便局ではありませんが、昔の香港の郵便局の様子を知ることができる施設が灣仔にあります。ガイドブックには載っていないディープな香港をお求めの方はぜひ~。

< 中環郵政總局 General Post Office >
🏢 中環康樂廣場2號/General Post Office, 2 Connaught Place, Central
💻 www.hongkongpost.hk/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-30 23:47 | 街歩き | Comments(0)

香港の風景を切り取ってみたので、よければぜひ写真を撮ってみてくださいね、という感じの壁がセントラルのフェリー乗り場周辺に出現していました。香港が好きな方にはちょっとテンションが上がる感じのイベントではないかと思いました。


f0371533_15324848.jpg



場所は海事博物館の下です。

f0371533_15323842.jpg



こういう参加型アートでうまく写真を撮れないので、ジブンは入らずに壁だけを撮りました。ジブン不器用ですから。


f0371533_15323018.jpg



上手に絵と一体化できる方がうらやましいです。ワタクシはトリックアート美術館とかに行っても、毎回失敗するタイプです。


f0371533_15325442.jpg



そういうのがお得意そうなアジア系の方々が、モデルばりに撮影していらっしゃいました。観光地のど真ん中という絶好のロケーションですので、ここなら恥ずかしがり屋の日本人も思い切ってイケるんじゃないでしょうか。どうでしょうか。


f0371533_15330482.jpg



巨大なサメもいました。どうやら「ふかひれ消費をやめよう」というメッセージが込められているようです。ワタクシも「ヒレを切り落とされて、泳げなくなったサメは溺れて死んでしまう」という話を聞いてからは、フカヒレ反対!と思っています。なお、日本ではそんなことはなく、他の部位もきちんと消費されているそうです。どっちみち殺してしまうことに変わりはないのかもしれませんが・・。


f0371533_15331822.jpg



旅の恥は搔き捨てです。旅中ではなく、住んでいる身で何度も恥をさらけ出しているワタクシが言うのですから、みなさんどうぞ自信を持って撮影にお臨みください。


f0371533_15331217.jpg



なお、そばにある海事博物館は体験できるコーナーもあり、なかなか面白いのでお勧めです。



スターフェリーの様子はこちらからご覧いただけます。ご興味がおありの方は合わせてお読みください。

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-29 16:17 | 街歩き | Comments(0)

先日、香港交易所 (HKEX) いわゆる香港証券取引所の界隈に行きました。その名の通り、香港の株式取引きを行う市場で、香港経済の中心とも言える場所です。そんなリアルタイムの情報が目まぐるしく変化する場所で、その流れに逆行するかの如く、ぶら~りとお散歩をしてきました。


f0371533_17112243.jpg



中にはTVでよく見るこの回る株価掲示板が見えて、大変興奮いたしました。


香港交易所 HKEX

f0371533_17113243.jpg



"Financial Museum" とあるので「金融博物館」でしょうか?中に入ろうとしましたが、ドアには鍵がかかっています。あとで上の階でインフォメーションカウンターの方に聞こうと思います。ちなみにこちらのビルには在香港日本国総領事館も入っています。


f0371533_17114235.jpg



というか、この日はこちらに用事があって来たのでした。くるくる回る株価掲示板にすっかりやられて本来の目的を見失うところでした。お金って怖いです (←そうじゃない)。このエレベーターがなかなかハイテクでした。


f0371533_17115290.jpg



使用時は個々のエレベーターに行くのではなく、エレベーターホールの前にあるボタン (上の写真左) を使います。こちらで行きたい階を選択します。


f0371533_17115909.jpg



すると、このように「Aに進め」と表示されます。もしかすると「Aへお進みください」と表示されたのかもしれませんが、小心者のワタクシはまるで指示されているかのように感じました。この使い方であってるのか内心ドキドキしましたが「ちゃんと知ってるわよ~」という感じで涼しい顔をしてエレベーターに乗り込みました。


f0371533_17120830.jpg



行く階数はすでにコンピューター様が手配してくださっていますので、ワタクシめなんぞが押すボタンもありません。開けるか閉めるか、非常ボタンかのみ・・。


f0371533_17501121.jpg



そんなこんなで領事館での用事を済ませ、先ほどの金融博物館へと向かいます。ビルの中には数々の美術品が飾られていて、まるで美術館みたいです。


f0371533_17122724.jpg



さて、スタッフの方によるとこちらの香港証券取引所は去年10月にその126年の歴史に幕を閉じて、今は 'Connect Hall' という金融博物館のオープン準備中だそうです。先ほど見たアレは残念ながら、まだ開いていなかったようです。なお案内付き見学ツアーには事前の申し込みが必要だそうです。いつか行ってみるかもしれません。


f0371533_17123314.jpg


< 香港交易所 HKEX >
🏢 中環港景街一號國際金融中心一期/One International Finance Centre, 1 Harbour View Street, Central
👣 中環駅から徒歩3分
💻 https://www.hkex.com.hk/Global/About/Visit-HKEX/Visit-the-HKEX-Connect-Hall?sc_lang=en

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-17 22:14 | 街歩き | Comments(2)

芸術専門の教育機関である香港演藝學院 (香港アカデミーパフォーミングアーツ) に行きました。先日伺ったアートセンターのお隣にあったのと、どうやら有名な学校らしいということで、目的はありませんでしたが「ちょっと見て行こ」とおのぼりさん気分でお邪魔しました。ブログという人様の目に触れる場で、このようにどんだけ暇なのかを露呈するのは多少恥ずかしくもあり、書くかどうか迷いましたが、えいっと仕上げましたので、軽くささっと流し読みしていただけると幸甚です。


f0371533_16395325.jpg



一歩入った途端、さまざまな楽器の音が聞こえてきます。みんな一生懸命練習しているんだなァと活気を感じました。中学校の放課後を思い出し、若いっていいなァと思いました。


f0371533_16395929.jpg



1984年に政府によって設立された学校で、チャイニーズオペラ、ダンス、音楽、ドラマ、映画、テレビ、舞台などの学部があります。


f0371533_16400728.jpg



ロビーには小さなお土産コーナーと立派な図書館、チケット売り場などがありました。


f0371533_16401886.jpg



大きな舞台の役のオーディションなどもこちらで行われているようです。学校なので一般に公開されているのは上記の範囲だけですが、コンサートホールでは一般の人向けにセミナーやコンサートが開催されています。学校のイベントカレンダーを見ると無料のものも結構あるようだったので、いつか行ってみたいなァと思いました。


f0371533_16402439.jpg



一例を挙げると、学生による無料コンサートが、3/27, 4/7, 14, 21 にあります。チケットは始まる30分前からチケットカウンターで配布され、なくなり次第、終了になります。学生のコンサートと言えども、香港一の音楽学校の生徒さんたちのコンサートです。卒業後はプロの音楽家になる方々の演奏なので、レベルは相当高いと伺っております。詳細は、ブログ最後にあるイベントカレンダーのページでご確認ください。


f0371533_16403122.jpg



学校の裏にかわいい信号機がありました。この信号機がきっかけで、こっち方向に歩いたら、こちらの学校を見つけた次第でございます。


f0371533_16403757.jpg


こちらのアートセンターのお隣です。ワタクシのように「時間が有り余って仕方ない」という方は、ぜひ合わせてお読みください。3分くらいなら時間を潰せると思います。


なお、添馬公園で現在開催中の青空アート展はこちらからご覧いただけます。

< 香港演藝學院 The Hong Kong Academy for Performing Arts >
🏢 1 Gloucester Road, Wanchai
👣 金鐘站E2出口から徒歩10分
💰 無料
💻 https://www.hkapa.edu/
💻 https://www.hkapa.edu/event (イベントカレンダー)
他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-11 20:01 | 街歩き | Comments(0)

香港アートセンター(HKAC) に行きました。アートセンターといっても、あ~なた~の街の0123♪でお馴染みのアレではありません。現代美術と文化を展示会を通して、海外に香港の芸術を紹介しているNPOによって運営されているれっきとした施設です。


f0371533_15590101.jpg



なんでこんな所に行ったかというと、添馬公園で現在開催中の青空アート展の作品の一部が、こちらのアートセンターにも展示されていたからです。センター内には、映画館、劇場、ギャラリー、教室、スタジオなどが入っています。


f0371533_15571967.jpg



HKACはどんなところかと調べてみると、どうやら香港都市再生局に灣仔の「マロリー・ストリート (Mallory Street, 茂羅街)」のプロジェクトを任されたりしている面白い団体のようです。マロリー・ストリートとは古い唐楼が並ぶ通り狭い通りの1つで、現在、政府が街を現代的に改修し、歴史的・文化的な特徴を保存しようと試みている場所です。また、2013年にオープンした「動漫基地 (Comix Home Base)」を5年契約で管理するなど、様々な活動もしています。


f0371533_15590889.jpg



地上階には小さな展示コーナーがあり、施設の歴史を知ることができます。建物自体も特別なデザインで、賞を獲得しています。


f0371533_15591516.jpg



The Corner という小さなカフェもありました。


f0371533_15592343.jpg



芸術関連の本や、香港をテーマにした雑貨を扱うお店もあります。


f0371533_15593614.jpg



電気はついていませんが。


f0371533_15593021.jpg



日本の映画も公開しているようです。営業時間が朝の8時から夜の11時と意外に長くてびっくりしました。


f0371533_15594302.jpg


添馬公園で現在開催中の青空アート展の様子はこちらからご覧いただけます。

< 香港藝術中心 The Hong Kong Arts Centre >
🏢 灣仔港灣道二號 / 2 Harbour Road, Wan Chai, Hong Kong Island
👣 灣仔駅C出口もしくは金鐘駅E2出口から徒歩約5分
📞 2582-0200
🕐 8:00-22:00
💰 無料
💻 www.hkac.org.hk

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-03-08 23:58 | 街歩き | Comments(2)

香港の電車の座席は、日本の座り心地の良いものとは異なります。お掃除がしやすい、燃えにくい、安いなど様々な理由はあると思いますが、写真のような無機質な感じです。他の海外の電車を見ても、やはり金属やプラスチックのような素材を使っていることが多いので、日本へ帰国する度に「日本は良いなァ」と思います。


f0371533_13190080.jpg



香港の国土は小さいので長距離の路線がないからだとは思いますが、ベンチみたいで長く座ると疲れそうです。スペースが区切られているのも、いいのやら、悪いのやら。混雑した車内で小さなお子様が2人でスペース空き空きで座っているのを見ると「詰めたらもう1人座れそうなのになァ」と思うこともあります。日本に比べるとつり革も少なめです。


f0371533_13194688.jpg



さて。香港の電車に乗ると、それぞれの駅に違う色が使われていることに気が付きます。


f0371533_13275280.png



なんとなく「何か意味があるのかなァ」と気になっていました。そんな時、香港の英字新聞「南華早報 (South China Morning Post)」に興味深い記事を発見しました。記事は去年のものですが、やはり各駅にはそれぞれテーマカラーがあるようです。


f0371533_19264337.jpg



記事によると1970年代に最初のラインが開通した時、窓がなく、日の光も届かない地下鉄は暗く見えたそうです。


f0371533_13285244.png



そこで明るい色を使おうとしたのが、事のきっかけだそうです。


f0371533_18372478.jpg



最初は自然な白の色が採用されました。しかし地上に出るまで目印がない地下鉄では、どのプラットフォームも同じに見えて、バスのようにどの駅で降りたかが分かりませんでした。また1970年代、香港ではまだ読み書きができない人がたくさんいました。そのため、異なる色で駅が分かるようにしたそうです。香港の義務教育システムは1971年以降に始まりました。


f0371533_19131546.jpg



そうと分かると、駅に降りて色を確認するのが楽しみになりました。ダイヤモンドヒル駅はなぜか黒です。ブラックダイヤモンド?


f0371533_18060858.jpg



ホームから上がって納得しました。黒の背景にダイヤがちりばめられていました。細かいなァ。


f0371533_18063934.jpg



色のチョイスは中国語からとっている場合が多いようです。例えば、このような感じです。

彩虹 (Choi Hung) 駅 → 虹色
黄大仙 (Wong Tai Sin) 駅 → 黄色
茘枝角 (Lai Chi Kok) 駅 → 赤ピンク:茘枝 (ライチ) 色から。
太子 (Prince Edward) 駅 → 紫:英国王室のシンボルカラーから。
海洋公園 (Ocean Park station) 駅 → 複数の青:海を表現。


f0371533_14194890.jpg



屁理屈なワタクシは「漢字に色が関係していない場合はどうするんだろ」と思っておりました。するとどうやら周囲の環境から名付けたという駅もあるようです。例えば、

黄埔 (Whampoa) 駅 → 青:水辺に近いから。
何文田 (Ho Man Tin) 駅 → 緑:丘の一部に建てられたから。


黄埔駅は黄色じゃダメなのかい?などと野暮なことを言ってはいけません。なお空港エクスプレス線の駅は、どの駅も同じ落ち着いた灰色を使っていますが、その理由は空港をデザインした英国の建築家が、色を使わないことで有名だからだそうです。どの駅も空港と同じ色を使うことにより、すでに空港にいるように感じるという効果もあるそうです。個人的には、色よりもタイルが可愛いなァと思っております。そんなこんなで、ようやく納得がいったMTRの駅の色が異なる理由でした。
(参考記事) "Why every Hong Kong MTR station is a different colour – the reason may surprise you"

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-02-23 22:52 | 街歩き | Comments(0)

オリンピック観戦とかえるの帰りを待つ日々です。2週間ほど前から「旅かえる」というゲームをしています。かえるを旅に送り出し、ただその帰りを待つだけなのですが、旅の様子を写真で送ってくれたり、各地のお土産をくれたりするので癒されます。ただそれだけの緩いゲームです。日本で開発され日本語対応しかしていないアプリなのに、中国をはじめとするアジアで大人気だそうです。

さて。旧正月前は日本の師走のような雰囲気で、街ゆく人も雰囲気もなんだかそわそわしている感じがします。特にお祝いをするでも何をするわけでもありませんが、なんとなくいいなァと思います。


f0371533_18004487.jpg



市場もいつもに増して活気がある気がします。年末の上野のアメ横みたいな感じです。


f0371533_17584497.jpg



街中、金と赤だらけです。何事もお金、現金、とにかくお金みたいな感じで、すごいパワフルだなァと思います。


f0371533_17574023.jpg



こんなピンクの一角を発見しました。おしどり夫婦のペーパー夫妻に一刻も早くお知らせしたい衝動に駆られました。


f0371533_18060858.jpg



話は変わりまして。先月一時帰国した時にダイソーで気になっていた商品をゲットしました。毛玉を取り除く機械です。こちらはビフォーです。


f0371533_18064053.jpg



使用した後はこちらです。写真の撮り方がイマイチで分かりづらいですが、すっきりします (気分的にも)。


f0371533_18065970.jpg



旅かえるや毛玉取りが、基本的には相変わらず引きこもり生活を送っているワタクシのささやかな楽しみです。


f0371533_18075095.jpg


他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-02-14 17:59 | 街歩き | Comments(0)

ワタクシの中で最近、西営盤 (サイインプン) が熱いです。街のほとんどが山の斜面にあるごちゃごちゃした場所ですが、坂道だからか海がよく見えます。古い街だからか低層アパートが多いので空もよく見えます。そのため何となく広さと奥行きを感じる街です。


f0371533_22025250.jpg



駅が変わっていてびっくりします。地下鉄なのですが、改札から出るとなんと地上までは階段・エスカレーターなし。エレベーターのみです。ちょっと閉じ込められる~って感があり、閉所が苦手な方には冷や汗モノの駅だと思います。


f0371533_22030679.jpg



こちらが地上側です。一瞬、駅とは分かりません。「ちょっと近未来的だなァ・・」と思ったのもつかの間「っていうか2018年って数字だけ見ると超未来に感じる」と思った昭和生まれの女です。


f0371533_22032271.jpg



街並みはこのように斜面にそってつくられています。これはエレベーター内のアートです。可愛かったのでパシャリ📷


f0371533_22062580.jpg



香港の若手アーティストによって作成されたもので「斜路 Steep Street」というのですが、まさにその名がピッタリの街です。


f0371533_22032883.jpg



斜面は意外に急傾斜です。そのためエスカレーターも設置されています。でもセントラルのヒルサイド・エスカレーターのように立派なものではありません。10秒くらいで上り終わるものが2、3本あるくらいです。


f0371533_22033648.jpg



そのため散策もエスカレーターで行ける範囲内で終わりました (←登るの面倒くさい)。香港ではこのように木の根がすごいことになっている場面によく遭遇します。コンクリートジャングル香港です。


f0371533_22035212.jpg



お肉屋さんだけどオバチャン服を売っているお店。


f0371533_22035968.jpg



古いアパートの1階の窓枠のデザインが素敵でした。庶民的な雰囲気の一方で、欧米系のコンセプトでやっているカフェやレストランもちらほら見かけました。興味深い街で、ワタクシの中で最近、非常に熱いです。


f0371533_22040880.jpg


他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-01-24 21:01 | 街歩き | Comments(6)

香港大學にぶらり散歩に行きました。Hong Kong University 略して HKU と呼ばれています。今年で198回目の卒業式を迎える由緒正しい国立大学です。イギリスの大学評価機関、クアクアレリ・シモンズ社 (Quacquarelli Symonds :QS) による最新の世界大学ランキングでは、世界第26位です。なお、東京大学は28位です。


f0371533_18202655.jpg



香港大學は山の中に立っているので景色は抜群です。


f0371533_18203742.jpg



構内の建物は歴史が感じられるものが多く、素敵な雰囲気です。帰ってから調べてみたら、どうやら歴史的に有名な建物がたくさんあるみたいです。もし今度行くことがあれば、計画的にまわっていろいろ見てみたいと思いました。


f0371533_18204865.jpg



そんな計画性のないワタクシですが、頭が良い人たちの場所にいるというだけで、ワタクシの頭も少しくらいは良くなった気がします。その流れで大学内の本屋さんに入ってみました。難しい専門書ばかりというわけでなく、子供用の絵本や香港お土産も売っていました。


f0371533_18205493.jpg



そのすぐそばにはビジターセンターがあります。案内所というよりはもうお土産屋さんです。


f0371533_18210247.jpg



英国郵便のポストが現在でもそのまま使われています。ポストカードと切手を買って、ここから投函してみるのも、なかなか凝っていて良いなァ。


f0371533_18210744.jpg



「写真撮ってもいいですか?」と聞いたら「もちろん!」と言ってくれました。センスの良い雑貨屋さんみたいな感じです。


f0371533_18211326.jpg



素敵なデザインのお茶缶は、ジャスミン緑茶、アールグレイ、イングリッシュブレックファーストで各117ドル (約1,660円) でした。


f0371533_18211960.jpg



右のカーキー色のたためる旅行バッグは198ドル (約2,810円) でした。


f0371533_18213465.jpg



香港大学マニアにはたまらないレアな品ばかりだと思います。


f0371533_18214679.jpg



が、マニアではないので何も買いませんでした。ファイルなどは15ドル (約210円) からあります。


f0371533_18214020.jpg


卒業生だったら何か買いたかったなァ。帰ってから自分の大学のランキングを調べてみたら、もうほぼランク外みたいな順位でした。でもウォルト・ディズニーだって、ココ・シャネルだって大学を卒業せずに大成功を収めているし、大丈夫、大丈夫です。

< The University of Hong Kong >
💻 https://www.hku.hk/

< The University of Hong Kong >
📞 3917 7853
🕐 9:30-17:00 (月~土)/11:00-17:00 (日)/祝日、大学休校時はお休み
💰 無料
💻 https://www.visitorcentre.hku.hk/

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
by ni07050 | 2018-01-14 19:09 | 街歩き | Comments(1)