大嶼島 (ランタオ) の「東澳古道」というトレイルに挑戦しました。全部で約5時間くらいのトレッキングでしたが、景色も良く、達成感も得られるコースでしたので、何回かに分けてご紹介したいと思います。最初の半分くらいは楽ちんな歩きでした。まずはバスに乗って東涌へ~。ケーブルカー乗り場のそばの「順東路 (Shun Tung Road)」脇にあるこの緑の手すりがある道からスタートです。バス停は東涌消防局の通りにある「東堤灣畔」を利用しました。スタート地点はどこから始めたいかによるので、ここには限りませんが、我が家はバス停から近いこちらからスタートしました。


f0371533_13212840.jpg



あまりにも道が地味すぎて心配になり、地元の方のお聞きしたら、こちらで大丈夫とのことだったので安心して進みました。一通り登ったらすぐ降りるという10分もかからない山道を過ぎると、こちらの道に出ます。昂坪行きのロープウェイと港珠澳大橋が見える右手に進みます。写真右の屋根がある所が本日最初の観光スポット「虎地灣石灰窰」という法定古蹟です。


f0371533_13225249.jpg



焼窯の跡地です。日本語の説明もありました。カキやその他の貝殻を高温で焼却し、殻灰をつくったそうです。殻灰は防水機能があったので貯水するのに使ったり、壁に塗られたりしたそうです。


虎地灣石灰窰
🏢 大嶼山東涌/Tung Chung, Lantau Island
💰 無料

f0371533_13232329.jpg



そのお隣には「東涌小炮台」があります。こちらも法定古蹟です。残っている文書では1817年にできたという記録があるそうです。この遺跡は1980年に発見されました。


東涌小炮台 Tung Chung Battery
🏢 大嶼山東涌/Tung Chung, Lantau Island
💰 無料
💻 http://www.amo.gov.hk/en/monuments_22.php

f0371533_13234740.jpg



「まぁこんなもんか」程度の感想で、次は今来た道を戻るようにして田舎道を進みます。右手に養蜂場などがあります。この季節は、黒に青が鮮やかなこちらの蝶々をよく見かけます。


f0371533_13363110.jpg



田舎なので道が分かりづらく恐縮ですが、地図で言うと赤線の道順で来ています。現在地は星マークの辺りです。バスを降りてからここまで来るのに大体20分くらいです。矢印の示すもう1つの炮台に行きたいと思います。


f0371533_13461004.jpg



このラウンドアバウトが見えたら、ここを左に曲がります。この辺からは高層団地も出てきて、人も増えてきました。この時点でもう暑くて歩くのが面倒になってきたのでシェアバイクに乗ることにします。


f0371533_13364254.jpg



シェアバイクの借り方はこちらからご覧いただけます。トレッキングに来たのに歩きたくないという愚か者にも優しく手を差し伸べてくれるサービスです。



歩道橋 (自転車用道路もあります) を渡ると、バス停のそばに次の目的地「東涌炮台」の入り口が見えます。


東涌炮台 Tung Chung Fort
🏢 東涌下嶺皮村/Ha Ling Pei Village, Tung Chung Road, Lantau Island
💰 無料
💻 http://www.amo.gov.hk/b5/monuments_07.php

f0371533_13370963.jpg



門には1832年とありました。砲台と要塞かと思っていたら、小学校が出現しました。今はもう廃校になっている「旧東涌公立小学校」でした。


f0371533_13370107.jpg



東涌公立小学校
🏢 同上
💰 無料

1898年に新界がイギリスに貸し出された時、炮台としての役割を終え、まずは警察署として、その後、華英中學 (Wa Ying College) の校舍、最後に東涌鄉事委員會と東涌公立學校として利用されました。


f0371533_13372428.jpg



お隣の建物は資料館になっていて、この辺り一帯の歴史を知ることができます。


展覽中心 Information Centre
📞 2208-4400
🕐 10:00-17:00/火曜、12/25-26, 1/1, 旧正月の3日間は休み
💰 無料

f0371533_13373215.jpg



資料写真と同じ場所で写真を取って見たら、もはや全然違う景色でした。


f0371533_13374148.jpg



塀の上は道になっているので歩くことができます。


f0371533_13375460.jpg



f0371533_13380354.jpg



監視小屋から見た風景です。こちらでの滞在時間は約15分くらいでした。


f0371533_13381440.jpg



今回まわった場所は、康樂及文化事務署のこちらのウェブサイトに詳しく載っています。うまくリンクできなかったので、ご興味がおありの方はお手数ですが、下記のリンクをご参照ください。

💻 http://www.amo.gov.hk/form/Tung%20Chung%20Relics%20pamphlet%202010-08.pdf#search=%27%E6%9D%B1%E6%B6%8C%E5%85%AC%E7%AB%8B%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%27


なおこの東澳古道の詳しい情報は以下のウェブサイトからご覧いただけます。

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2018-04-09 11:16 | 歴史的建築物 | Comments(2)

世界中からラグビーファンが集まる「香港セブン」の影響か、いつにも増して尖沙咀のセントラル行きフェリー乗り場が混みあっていました。ふと横を見ると、灣仔行きのフェリーがあることに気が付き、空いていたそちらに乗船することにしました。巨大風船のラガーマンが「底」にしか見えなかった件はさておき、空いていたそちらに乗船しました。セントラルに行きたかった件はさておき、とにかく乗船しました。


f0371533_12102830.jpg



灣仔で下船すると、展望台があるとの案内板が出ていたのでエレベーターで上がってみることにしました。そうです、暇なんです。時間が有り余っているんです。


f0371533_12441961.jpg



なんとサボテン公園でした。なぜサボテン・・?


f0371533_12173459.jpg



そんな小さなミステリーはさておき、そのサボテンの奥に広がるのはビクトリアハーバーの絶景でした。


f0371533_12165208.jpg



この時に携帯のパノラマ撮影の方法を初めて知りましたので、ちょっとご披露をば。


f0371533_12514260.jpg



どうでしょう?いいでしょう?ねぇいいでしょう?

f0371533_12180142.jpg



あまり人がいなくておススメです。あ~春っていいなァ。


f0371533_12172872.jpg


< Wan Chai Ferry Pier 灣仔渡輪碼頭 >
🏢 灣仔天星小輪碼頭, 灣仔/Wan Chai Ferry Pier, Wan Chai
👣 灣仔駅A1出口からスカイブリッジを渡り、香港會議展覽中心方面へ徒歩約10分
💰 無料
💻 http://www.starferry.com.hk/en/home

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2018-04-08 23:14 | 公園 | Comments(2)

坪洲島をぶらりお散歩の続きです。坪洲島は2-3時間でまわれるお散歩にはちょうど良い島です。



歩いているとちょっとクセのありそうな通りを発見しました。

f0371533_12030493.jpg



この黄色いドアが目印です。


f0371533_12040539.jpg



位置的にはこちらの天后廟の前のファミリートレイルを歩いて行ったところにあります。



その黄色いドアのお向かいにある細い道を通ります。


f0371533_12052005.jpg



すると文化遺産のような場所に出ました。以前、この通りは革産業の中心地だったそうです。この島にはところどころに日本語の説明があるので大変助かります。


f0371533_12060525.jpg



なかったら、ただのガラクタ市場みたいな感じで済ませるところでした。というのも、現在はこのように生まれ変わったからです。


f0371533_12063539.jpg



坪洲島は石灰およびマッチ棒生産の中心地でもあったそうです。こんな小さくて静かな島が、そんな重要な役割を果たしていたとは驚きでした。アートでしょうか?廃墟の一部を使って、いろいろな表現がされています。


f0371533_12070441.jpg



非日常的な?前衛的な?アヴァンギャルドな?個性的な?無機質的な?なんと表現したらよいのか分からないくらい、ちょっとしたカオスでした。


f0371533_12073547.jpg



とにかくこの島は人がいないので、写真は撮り放題です。インスタ映えする写真を狙っているそこの奥様、いかがでしょうか?


f0371533_12080533.jpg


他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2018-04-07 21:51 | 離島巡り | Comments(0)

廟宇漫遊シリーズ第14回。華人廟宇委員会がまとめた主要24のお寺を巡っています。香港中に散らばっているので多少、厄介な場所にある (←罰当たりです) ものもあります。今回は坪洲という島にあるお寺に行きました。


f0371533_11542513.jpg



恒例のチェックリストにまいります。赤字は訪問済、青字は今回訪問のものです。


< お寺リスト List of Temple> 

香港區廟宇 Hong Kong Island
13 大坑蓮花宮Lin Fa Kung, Tai Hang
12. 亞公岩玉皇宮殿 Yuk Wong Kung Din, A Kung Ngam Shau Kei Wan
16. 香港仔天后廟 Tin Hau Temple, Aberdeen
17. 黃泥涌譚公天后廟 Tam Kung Tin Hau Temple, Wong Nai Chung
21. 筲箕灣天后廟 Tin Hau Temple, Shau Kei Wan
18. 筲箕灣城隍廟 Shing Wong Temple, Shau Kei Wan
19. 筲箕灣譚公廟 Tam Kung Temple, Shau Kei Wan
15. 鴨脷洲水月宮 (觀音廟) Kwun Yum Temple, Ap Lei Chau
14. 鴨脷洲洪聖廟 Hung Shing Temple, Ap Lei Chau
22. 灣仔北帝廟 Pak Tai Temple, Wan Chai

九龍區廟宇 Kowloon
7. 土瓜灣天后廟 Tin Hau Temple, To Kwa Wan
20. 紅磡觀音廟 Kwun Yum Temple, Hung Hom
23. 茶果嶺天后廟 Tin Hau Temple, Cha Kwo Ling
4. 深水埗三太子及北帝廟 Sam Tai Tze & Pak Tai Temples, Sham Shui Po
5. 深水埗天后廟 Tin Hau Temple, Sham Shui Po
6. 深水埗關帝廟 Kwan Tai Temple, Sham Shui Po
2. 聯合道侯王廟 Hau Wong Temple, Junction Road
24. 鶴園角北帝古廟 Pak Tai Temple, Hok Un Kok

新界及離島區廟宇 New Territories & Off-shore Islands
9. 大澳楊侯古廟 Yeung Hau Temple, Tai O
3. 佛堂門天后古廟 Tin Hau Temple, Joss House Bay
1. 沙田車公廟 Che Kung Temple, Sha Tin
10. 坪洲天后廟 Tin Hau Temple, Peng Chau
8. 長洲玉虛宮 Pak Tai Temple, Cheung Chau
11. 長洲洪聖古廟 Hung Shing Temple, Cheung Chau


この地図の緑のコースを歩きました。島には他にもお寺がいくつかあったので、目的の天后廟と合わせてお寺参りと相成りました。


f0371533_19140981.jpg



目的の天后廟は、フェリーから降りて150メートルくらいのところにありました。1798年に建てられた古いお寺です。


天后廟 Tin Hau Temple
🏢 坪洲永安街69B號
🕐 7:00-17:00
💻 http://www.ctc.org.hk/en/directcontrol/temple22.asp

f0371533_18234431.jpg



天后宮の脇に、清の時代の石碑がありました。1835年に作られたもので、海賊行為がはびこった当時、政府の役人が海賊をとらえることを口実に漁船に「金出せぃ、おりゃ~」とお金を要求したそうです。それが坪洲の生活に大打撃を与えたため、漁民が郡の行政長官にチクり、長官が役人に徴発を禁じる注意文書を出しました。漁民は「こんな紙っ切れ、信用できるか。けっ。」と言ったかどうかは定かではありませんが、この文書は長期保存できないと考え、募金を集めてこの石碑を建てたそうです。


奉禁封船碑

f0371533_18235096.jpg



その天后宮から3-4軒隔てたところに「金花廟 (ゴールデン・フラワー・シュライン)」というお寺もありました。子孫の末永い繁栄をお願いする場所だそうです。いかにも女神さまがいそうな優美な雰囲気のお寺でした。

金花廟
🏢 坪洲永安街
💻 kamfatemple.com

f0371533_18235708.jpg



フェリー乗り場とは島の反対側にある静かなビーチ沿いには「ルン・モー (龍の母)」という名の島最大のお寺がありました。

龍母廟
🏢 坪洲東灣志仁街15號地下

f0371533_18240245.jpg



海の目の前です。島人達がのんびりしているのが、なんとも豊かな生活を送っている感じがして、こちらまで幸せな気持ちになりました。


f0371533_18240815.jpg



お寺の中にある「龍のベッド」には幸運をもたらし、未来を予言する力があると信じられていて、それに触るためにたくさんの人々が訪れるそうです。それよりも何よりも観光客もいないこの小島に、わざわざ日本語の説明があるのが有難かったです。


f0371533_19164038.jpg



説明があるのとないのでは全然違います。なかったら「ふーん」くらいで、本日もイマイチまとまらずに終わるところでした。助かりました。


f0371533_18241528.jpg



坪洲の街の様子はこんな感じです。ご興味がおありの方は合わせてお読みください。


こんな見どころもありますよ。


他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2018-04-06 12:01 | 歴史的建築物 | Comments(0)

パシフィック・プレイスを歩いていたら、偶然にジム・ランビー(Jim Lambie) さんの作品が展示されていることを知りました。気になっていた人だったので「どこだ、どこだ」と興奮しながらモールの中をウロウロしました。本日、鼻息荒く、キョロキョロしている女をパシフィック・プレイスで見かけた方は「アイツだったか・・」と思っていただいておそらく間違いないです。さて。ジム・ランビーさんは、スコットランド出身の現代美術家です。


f0371533_21514057.jpg



パシフィック・プレイスはいつ来ても混んでなくて好きです。お手洗いも綺麗です。


f0371533_21512195.jpg



やっとイベント会場の「スパイラル・スクラッチ (Spiral Scratch)」を見つけました。入り口に注意書きなんて、ちょっと物々しいです。「あなたは今まさにスパイラル・スクラッチに入ろうとしています。引き込まれるような感覚になりますので、注意してお進みください。」はい。ますますワクワクしてきました。


f0371533_21522914.jpg



こちらがその危険な 'Spiral Scratch' です!


f0371533_21523837.jpg



ワォ!!


f0371533_21514851.jpg



アートがよく分からないので失言があっても「コイツ分かってないなァ」とあたたかい目で見ていただきたいのですが、現代アートは同じパターンをリピートする万華鏡のようなデザインをよく見かける気がします。草間さんとか、マリメッコ、ドナルド・ジャッド、カール・アンドレなど可愛かったり、面白いものが人気なのかなァと思いました。でも違うかもしれません、すみません。


f0371533_21524716.jpg



梯子に鏡があるので混乱します。注意書きの意味がよく分かりました。


f0371533_21525593.jpg



本当に頭がクラクラしてきたので、少し離れてみようと思い、上の階に行きました。


f0371533_21530112.jpg



今度は目がチカチカする~!! でもなんかアートを堪能した気がしました。


f0371533_21530750.jpg



4月8日までですので、気になる方はお早めに~。イベントの詳細はこちらからご覧いただけます。

< Jim Lambie: Spiral Scratch >
🏢 /Pacific Place, LG1, Garden Court, 88 Queensway Admiralty
🕐 10:00-22:00 / 2018年4月8日まで
💰 無料

他の香港情報もこちらからご覧いただけます♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
人気ブログランキングへ/FC2 Blog Ranking
ご覧いただきありがとうございました。Thank you for reading.
043.gif043.gif043.gif043.gif043.gif

[PR]
# by ni07050 | 2018-04-05 22:48 | 博物館・展覧会・お祭り | Comments(0)